天然ブレオマイシンの制癌機構解明と人工ブレオマイシンの合成研究

この論文をさがす

著者

    • 大和, 隆志 オオワ, タカシ

書誌事項

タイトル

天然ブレオマイシンの制癌機構解明と人工ブレオマイシンの合成研究

著者名

大和, 隆志

著者別名

オオワ, タカシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第9179号

学位授与年月日

1991-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一節 ブレオマイシンの制癌機構 / p1 (0005.jp2)
  4. 第二節 ブレオマイシンモデル配位子の合成研究 / p11 (0015.jp2)
  5. 第二章 エリスロ-β-ヒドロキシ-L-ヒスチジンの合成研究 / p16 (0020.jp2)
  6. 第一節 既存の合成法と合成戦略 / p16 (0020.jp2)
  7. 第二節 新規合成法の検討(1) / p19 (0023.jp2)
  8. 第三節 新規合成法の検討(2) / p23 (0027.jp2)
  9. 第三章 ブレオマイシンの自己不活化機構に関する合成研究モデル配位子PYML-6の酸化的自己分解 / p29 (0033.jp2)
  10. 第一節 分解主生成物の単離、構造決定 / p29 (0033.jp2)
  11. 第二節 自己分解機構の考察 / p35 (0039.jp2)
  12. 第四章 DNA切断分子の合成研究(1) / p39 (0043.jp2)
  13. 第一節 人工ブレオマイシン-PYML(6)-bleoimycin、PYML(6)-(4R-APA)-distamycin- / p39 (0043.jp2)
  14. 第二節 DNA切断活性を有する他の人工分子 / p43 (0047.jp2)
  15. 第五章 DNA切断分子の合成研究(2) / p52 (0056.jp2)
  16. 第一節 人工ブレオマイシン -PYML(6)-(AHM)-distamycin- / p53 (0057.jp2)
  17. (1)PYML(6)-(AHM)-distamycinの合成 / p53 (0057.jp2)
  18. (2)PYML(6)-(AHM)-distamycinによるDNA切断実験 / p63 (0067.jp2)
  19. 第二節 人工ブレオマイシン -PYML(6)-(4S-APA)-distamycin- / p72 (0076.jp2)
  20. (1)PYML(6)-(4S-APA)-distamycinの合成 / p72 (0076.jp2)
  21. (2)PYML(6)-(4S-APA)-distamycinによるDNA切断実験 / p75 (0079.jp2)
  22. 第三節 考察 / p77 (0081.jp2)
  23. 第六章 DNA切断分子の合成研究(3)-今後の展望- / p79 (0083.jp2)
  24. 第一節 軸配位子部位カルバモイル基の修飾 / p79 (0083.jp2)
  25. 第二節 糖鎖部位の導入 / p81 (0085.jp2)
  26. 第三節 モノクローナル抗体との連絡 / p82 (0086.jp2)
  27. 第七章 総括 / p86 (0090.jp2)
  28. 第八章 実験の部 / p87 (0091.jp2)
  29. 謝辞 / p151 (0155.jp2)
  30. 参考文献 / p152 (0156.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000081937
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082145
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246251
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ