ラット肝細胞生存維持因子ならびに増殖因子に関する生物化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 浅見, 修 アサミ, オサム

書誌事項

タイトル

ラット肝細胞生存維持因子ならびに増殖因子に関する生物化学的研究

著者名

浅見, 修

著者別名

アサミ, オサム

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第7号

学位授与年月日

1991-09-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 ラット初代培養肝実質細胞生存維持因子の精製と同定 / p5 (0006.jp2)
  4. 第1節 序論 / p5 (0006.jp2)
  5. 第2節 実験材料および方法 / p5 (0006.jp2)
  6. 2-1 試薬 / p5 (0006.jp2)
  7. 2-2 培養ディッシュの血清コーティング法 / p6 (0007.jp2)
  8. 2-3 ラット肝臓からの肝実質細胞の調製および初代培養 / p6 (0007.jp2)
  9. 2-4 ラット初代培養肝実質細胞の生存維持活性の測定 / p7 (0007.jp2)
  10. 2-5 ウシ脳下垂体の肝実質細胞生存維持因子の抽出法 / p8 (0008.jp2)
  11. 2-6 肝実質細胞生存維持因子の安定性の検討 / p10 (0009.jp2)
  12. 2-7 肝実質細胞生存維持因子の精製・単離 / p11 (0009.jp2)
  13. 2-8 トリプシン阻害活性測定法 / p13 (0010.jp2)
  14. 第3節 結果 / p14 (0011.jp2)
  15. 3-1 ウシ脳下垂体粗抽出液のラット初代培養肝実質細胞に及ぼす生存維持効果 / p14 (0011.jp2)
  16. 3-2 初代培養肝実質細胞生存維持因子の安定性 / p15 (0011.jp2)
  17. 3-3 初代培養肝実質細胞生存維持因子の分子量および等電点の測定 / p16 (0012.jp2)
  18. 3-4 塩基性肝実質細胞生存維持因子の精製 / p17 (0012.jp2)
  19. 3-5 塩基性肝実質細胞生存維持因子の同定 / p20 (0014.jp2)
  20. 3-6 酸性肝実質細胞生存維持因子の精製 / p21 (0014.jp2)
  21. 第4節 考察 / p24 (0016.jp2)
  22. 第2章 ラット初代培養肝実質細胞に対するプロテアーゼインヒビターの生存維持機序の解析 / p26 (0017.jp2)
  23. 第1節 序論 / p26 (0017.jp2)
  24. 第2節 実験材料および方法 / p26 (0017.jp2)
  25. 2-1 試薬 / p26 (0017.jp2)
  26. 2-2 細胞内蛋白質分解率の測定 / p27 (0017.jp2)
  27. 2-3 α₂-プラスミンインヒビターのCH-セフアロースヘの固定化 / p28 (0018.jp2)
  28. 2-4 ラット肝細胞膜の調製 / p29 (0018.jp2)
  29. 2-5 細胞膜のプロテアーゼ活性 / p31 (0019.jp2)
  30. 第3節 結果 / p31 (0019.jp2)
  31. 3-1 ラット初代培養肝実質細胞に対する各種プロテアーゼインヒビターの生存維持活性 / p31 (0019.jp2)
  32. 3-2 肝実質細胞内蛋白質分解に及ぼすプロテアーゼインヒビターの影響 / p33 (0020.jp2)
  33. 3-3 固定化α₂-PIによる肝実質細胞生存維持効果 / p34 (0021.jp2)
  34. 3-4 細胞膜プロテアーゼに対するインヒビターの作用 / p35 (0021.jp2)
  35. 第4節 考察 / p37 (0022.jp2)
  36. 第3章 四塩化炭素投与ラット肝臓からの肝実質細胞増殖因子の単離と同定 / p40 (0024.jp2)
  37. 第1節 序論 / p40 (0024.jp2)
  38. 第2節 実験材料および方法 / p41 (0024.jp2)
  39. 2-1 試薬 / p41 (0024.jp2)
  40. 2-2 成熟ラット肝実質細胞の調製および初代培養法 / p41 (0024.jp2)
  41. 2-3 複製DNA合成活性の測定 / p41 (0024.jp2)
  42. 2-4 四塩化炭素投与によるラット肝臓中のHGF様因子の誘導 / p42 (0025.jp2)
  43. 2-5 四塩化炭素投与ラット肝臓からのHGF様因子の精製・単離 / p43 (0025.jp2)
  44. 2-6 HGF様因子の安定性の検討 / p45 (0026.jp2)
  45. 2-7 還元およびアルキル化 / p46 (0027.jp2)
  46. 2-8 N末端アミノ酸配列の決定 / p46 (0027.jp2)
  47. 2-9 蛋白質の定量法 / p46 (0027.jp2)
  48. 第3節 結果 / p47 (0027.jp2)
  49. 3-1 四塩化炭素投与によるラット肝臓中HGF様因子の誘導と経時変化 / p47 (0027.jp2)
  50. 3-2 HGF様因子の精製 / p47 (0027.jp2)
  51. 3-3 HGF様因子の性質 / p49 (0028.jp2)
  52. 3-4 HGF様因子軽鎖のN末端アミノ酸配列 / p51 (0029.jp2)
  53. 第4節 考察 / p52 (0030.jp2)
  54. 結語 / p54 (0031.jp2)
  55. 謝辞 / p57 (0032.jp2)
  56. 文献 / p58 (0033.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082336
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082544
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000246650
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ