pH非依存性徐放性製剤の調製とその評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 郡, 修徳 コオリ, ナオノリ

書誌事項

タイトル

pH非依存性徐放性製剤の調製とその評価に関する研究

著者名

郡, 修徳

著者別名

コオリ, ナオノリ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第3962号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

iii, 112p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(薬学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0006.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第I編 難溶性薬物のpH非依存性徐放性顆粒の調製とその評価 / p3 (0008.jp2)
  5. 第一章 ニフェジピン(消化管内pH範囲で解離しない難溶性薬物) / p4 (0009.jp2)
  6. 第1節 溶解度と溶解速度 / p4 (0009.jp2)
  7. 第2節 pH非依存性徐放性顆粒の調製 / p4 (0009.jp2)
  8. 第3節 ウサギおよびヒトヘの経口投与 / p7 (0012.jp2)
  9. 第4節 考察 / p17 (0022.jp2)
  10. 第二章 ケトプロフェン(難溶性酸性薬物) / p18 (0023.jp2)
  11. 第1節 溶解度と溶解速度 / p19 (0024.jp2)
  12. 第2節 pH非依存性徐放性顆粒の調製 / p19 (0024.jp2)
  13. 第3節 ラットin situループからの吸収 / p23 (0028.jp2)
  14. 第4節 ウサギおよびヒトヘの経口投与 / p23 (0028.jp2)
  15. 第5節 考察 / p34 (0039.jp2)
  16. 第三章 ジピリダモール(難溶性塩基性薬物) / p36 (0041.jp2)
  17. 第1節 溶解度と溶解速度 / p36 (0041.jp2)
  18. 第2節 pH非依存性徐放性顆粒の調製 / p36 (0041.jp2)
  19. 第3節 高分子による結晶析出抑制効果 / p44 (0049.jp2)
  20. 第4節 ラットin situループからの吸収 / p44 (0049.jp2)
  21. 第5節 ウサギおよびヒトヘの経口投与 / p44 (0049.jp2)
  22. 第6節 考察 / p52 (0057.jp2)
  23. 第四章 第I編のまとめ / p54 (0059.jp2)
  24. 第II編 種々の機能性を具備したpH非依存性放出制御型錠剤の調製 / p55 (0060.jp2)
  25. 第一章 pH非依存性放出制御型錠剤の調製 / p55 (0060.jp2)
  26. 第1節 クェン酸の影響 / p55 (0060.jp2)
  27. 第2節 薬物含有量の影響 / p59 (0064.jp2)
  28. 第3節 放出速度の制御 / p62 (0067.jp2)
  29. 第4節 放出速度に及ぼす錠剤の重量の影響 / p62 (0067.jp2)
  30. 第5節 放出速度に及ぼす錠剤の直径の影響 / p62 (0067.jp2)
  31. 第6節 パパベリン塩基の放出挙動 / p65 (0070.jp2)
  32. 第7節 PYPにとるパパベリン塩基の可溶化 / p65 (0070.jp2)
  33. 第8節 考察 / p67 (0072.jp2)
  34. 第二章 放出速度の予測と本製法の他薬物への適用 / p69 (0074.jp2)
  35. 第1節 放出速度のモデル化 / p70 (0075.jp2)
  36. 第2節 放出速度の予測 / p71 (0076.jp2)
  37. 第3節 放出途中での放出速度の変化 / p71 (0076.jp2)
  38. 第4節 本製法の他薬物塩酸塩への適用 / p73 (0078.jp2)
  39. 考察 / p76 (0081.jp2)
  40. 結論 / p77 (0082.jp2)
  41. 謝辞 / p81 (0086.jp2)
  42. 実験の部 / p82 (0087.jp2)
  43. 第I編 実験の部 / p82 (0087.jp2)
  44. 第II編 実験の部 / p101 (0106.jp2)
  45. 引用文献 / p105 (0110.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082368
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082576
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000246682
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ