石炭ガス化用触媒の活性支配因子解明と特性改善に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 芳賀, 哲哉 ハガ, テツヤ

書誌事項

タイトル

石炭ガス化用触媒の活性支配因子解明と特性改善に関する研究

著者名

芳賀, 哲哉

著者別名

ハガ, テツヤ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5622号

学位授与年月日

1991-10-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 既往の触媒ガス化研究とその問題点 / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p4 (0007.jp2)
  6. 《第1章の参考文献》 / p6 (0008.jp2)
  7. 第2章 低温域触媒ガス化反応に対する基質炭素表面の影響 / p7 (0008.jp2)
  8. 2.1 実験方法 / p7 (0008.jp2)
  9. 2.2 ピッチコークスの賦活前処理特性 / p9 (0009.jp2)
  10. 2.3 各種表面処理ピッチコークス試料の水素ガス化 / p9 (0009.jp2)
  11. 2.4 炭素上のニッケルの状態 / p12 (0011.jp2)
  12. 2.5 炭素試料の表面状態 / p13 (0011.jp2)
  13. 2.6 石炭チャーおよび活性炭の表面変成による活性化 / p14 (0012.jp2)
  14. 2.7 考察 / p20 (0015.jp2)
  15. 2.8 まとめ / p21 (0015.jp2)
  16. 《第2章の参考文献》 / p23 (0016.jp2)
  17. 第3章 低温ガス化触媒の失活と再生 / p24 (0017.jp2)
  18. 3.1 実験方法 / p24 (0017.jp2)
  19. 3.2 加熱による触媒のガス吸着特性の変化 / p26 (0018.jp2)
  20. 3.3 炭素担持ニッケル触媒の炭素およびCO₂同時水素化活性 / p28 (0019.jp2)
  21. 3.4 水蒸気処理による触媒再生 / p35 (0022.jp2)
  22. 3.5 考察 / p39 (0024.jp2)
  23. 3.6 まとめ / p42 (0026.jp2)
  24. 《第3章の参考文献》 / p43 (0026.jp2)
  25. 第4章 高温域触媒ガス化反応に対する基質炭素構造の影響 / p45 (0027.jp2)
  26. 4.1 実験方法 / p46 (0028.jp2)
  27. 4.2 加熱に伴う石炭の表面構造特性の変化 / p49 (0029.jp2)
  28. 4.3 石炭のガス化反応の速度論的特徴と触媒ガス化活性パラメーターの設定 / p55 (0032.jp2)
  29. 4.4 石炭チャーの構造と触媒ガス化反応活性との関係 / p62 (0036.jp2)
  30. 4.5 考察 / p67 (0038.jp2)
  31. 4.6 まとめ / p71 (0040.jp2)
  32. 《第4章の参考文献》 / p72 (0041.jp2)
  33. 第5章 助触媒による低温および高温水素ガス化触媒の活性化 / p75 (0042.jp2)
  34. 5.1 実験方法 / p76 (0043.jp2)
  35. 5.2 ニッケル触媒と添加物による常圧水素ガス化 / p77 (0043.jp2)
  36. 5.3 触媒系のキャラクタリゼーション / p83 (0046.jp2)
  37. 5.4 鉄族金属+カルシウム複合触媒による炭素の加圧水素ガス化 / p88 (0049.jp2)
  38. 5.5 鉄族金属+カルシウム触媒による各種石炭チャーの加圧水素ガス化 / p97 (0053.jp2)
  39. 5.6 考察 / p102 (0056.jp2)
  40. 5.7 まとめ / p105 (0057.jp2)
  41. 《第5章の参考文献》 / p106 (0058.jp2)
  42. 第6章 水蒸気ガス化反応における触媒複合効果 / p109 (0059.jp2)
  43. 6.1 実験方法 / p110 (0060.jp2)
  44. 6.2 各種二成分複合触媒の水蒸気ガス化活性 / p111 (0060.jp2)
  45. 6.3 Na+Ca+Fe系触媒の相乗効果 / p116 (0063.jp2)
  46. 6.4 触媒水蒸気ガス化の生成ガス組成 / p119 (0064.jp2)
  47. 6.5 Ni+Ca系触媒による水蒸気ガス化反応特性 / p120 (0065.jp2)
  48. 6.6 考察 / p124 (0067.jp2)
  49. 6.7 まとめ / p125 (0067.jp2)
  50. 《第6章の参考文献》 / p126 (0068.jp2)
  51. 第7章 総括 / p128 (0069.jp2)
  52. APPENDIX / p131 (0070.jp2)
  53. A.1 触媒ガス化に対する炭素表面および触媒-炭素界面の残存酸素の影響 / p131 (0070.jp2)
  54. A.1.1 表面処理炭素の低温ガス化(第2章)との関連 / p131 (0070.jp2)
  55. A.1.2 低温ガス化触媒の失活および再生現象(第3章)との関連 / p132 (0071.jp2)
  56. A.1.3 助触媒による鉄族金属触媒の促進現象(第5章)との関連 / p133 (0071.jp2)
  57. A.1.4 石炭の高温ガス化速度プロファイルとの関連 / p135 (0072.jp2)
  58. A.1.5 考察 / p136 (0073.jp2)
  59. A.2 炭素およびCOの同時水素化反応 / p138 (0074.jp2)
  60. A.2.1 1~8%CO+H₂ガス中で起こる反応 / p138 (0074.jp2)
  61. A.2.2 気相から添加したCOによる低温ガス化反応の抑制 / p138 (0074.jp2)
  62. A.3 石炭の高温域触媒ガス化反応に対するX線構造パラメーターの影響 / p140 (0075.jp2)
  63. A.3.1 X線構造パラメーター(CR)の定義 / p140 (0075.jp2)
  64. A.3.2 加熱および原炭ランクによるCRパラメータの変化 / p141 (0075.jp2)
  65. A.3.3 石炭チャーの構造と無触媒ガス化反応活性 / p143 (0076.jp2)
  66. A.3.4 触媒ガス化に対するCRパラメーターの影響 / p145 (0077.jp2)
  67. 《APPENDIXの参考文献》 / p149 (0079.jp2)
  68. 謝辞 / p150 (0080.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082759
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082968
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247073
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ