鉄鉱石焼結鉱製造プロセスの総合シミュレーションモデルによる品質制御技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川口, 尊三 カワグチ, タカゾウ

書誌事項

タイトル

鉄鉱石焼結鉱製造プロセスの総合シミュレーションモデルによる品質制御技術に関する研究

著者名

川口, 尊三

著者別名

カワグチ, タカゾウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5638号

学位授与年月日

1991-11-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 鉄鉱石焼結鉱に求められる品質とその製造に関する既往研究 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 鉄鉱石資源の動向と焼結鉱製造技術の課題 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的 / p3 (0006.jp2)
  7. 1.5 本研究の内容 / p3 (0006.jp2)
  8. 参考文献 / p4 (0007.jp2)
  9. 第2章 本研究に関する既往研究のまとめ / p6 (0008.jp2)
  10. 2.1 鉄鉱石焼結鉱の品質制御に関する既往研究 / p6 (0008.jp2)
  11. 2.2 鉄鉱石焼結鉱製造プロセスのシミュレーションモデルに関する既往研究 / p8 (0009.jp2)
  12. 参考文献 / p10 (0010.jp2)
  13. 第3章 鉄鉱石焼結鉱製造プロセスの総合シミュレーションモデル / p14 (0012.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p14 (0012.jp2)
  15. 3.2 還元性状に関する品質モデルの開発 / p14 (0012.jp2)
  16. 3.3 総合シミュレーションモデルの調整 / p24 (0017.jp2)
  17. 3.4 結言 / p31 (0020.jp2)
  18. 参考文献 / p31 (0020.jp2)
  19. 第4章 総合シミュレーションモデルの実機適用 / p33 (0021.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p33 (0021.jp2)
  21. 4.2 操業ガイドシステム / p33 (0021.jp2)
  22. 4.3 高被還元性焼結鉱製造 / p36 (0023.jp2)
  23. 4.4 原料鉱石評価例 / p40 (0025.jp2)
  24. 4.5 設備設計検討例 / p41 (0025.jp2)
  25. 4.6 結言 / p43 (0026.jp2)
  26. 参考文献 / p43 (0026.jp2)
  27. 第5章 鉄鉱石焼結鉱製造プロセスの生産性向上技術の開発 / p45 (0027.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p45 (0027.jp2)
  29. 5.2 実験方法およびシミュレーション計算条件 / p46 (0028.jp2)
  30. 5.3 実験結果および考察 / p51 (0030.jp2)
  31. 5.4 結言 / p71 (0040.jp2)
  32. 参考文献 / p71 (0040.jp2)
  33. 第6章 CaO成分分割造粒法に関する基礎的研究 / p72 (0041.jp2)
  34. 6.1 緒言 / p72 (0041.jp2)
  35. 6.2 実験方法 / p73 (0041.jp2)
  36. 6.3 実験結果 / p76 (0043.jp2)
  37. 6.4 考察 / p82 (0046.jp2)
  38. 6.5 結言 / p89 (0049.jp2)
  39. 参考文献 / p90 (0050.jp2)
  40. 第7章 CaO成分分割造粒法の実用化 / p91 (0050.jp2)
  41. 7.1 緒言 / p91 (0050.jp2)
  42. 7.2 実験方法 / p91 (0050.jp2)
  43. 7.3 結果および考察 / p95 (0052.jp2)
  44. 7.4 CaO成分分割造粒法の実用化 / p117 (0063.jp2)
  45. 7.5 結言 / p119 (0064.jp2)
  46. 参考文献 / p119 (0064.jp2)
  47. 第8章 結論 / p121 (0065.jp2)
  48. Appendix-1 鉄鉱石銘柄特性を考慮した焼結鉱強度推定モデル / p124 (0067.jp2)
  49. A.1.1 原料通気モデル / p124 (0067.jp2)
  50. A.1.2 燃焼,伝熱モデル / p125 (0067.jp2)
  51. A.1.3 溶融モデル / p127 (0068.jp2)
  52. A.1.4 気孔モデル / p128 (0069.jp2)
  53. A.1.5 鉱物モデル / p129 (0069.jp2)
  54. A.1.6 冷間強度モデル / p129 (0069.jp2)
  55. A.1.7 各部分モデルの精度検証 / p130 (0070.jp2)
  56. 参考文献 / p133 (0071.jp2)
  57. Appendix-2 焼結鉱中の鉱物共存組織量および化学成分分布の定量法 / p134 (0072.jp2)
  58. A.2.1 背景 / p134 (0072.jp2)
  59. A.2.2 焼結鉱組織の基本鉱物 / p134 (0072.jp2)
  60. A.2.3 焼結鉱中の鉱物および成分分布の測定 / p136 (0073.jp2)
  61. 参考文献 / p141 (0075.jp2)
  62. 謝辞 / p142 (0076.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082775
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000082984
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247089
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ