A new model of core-cooling of rat liver in situ and the dynamic assessment of hepatic energy balance by [31]P nuclear magnetic resonance spectroscopy ラット肝in situ冷却モデルの開発と燐核磁気共鳴スペクトロスコピーによる肝エネルギーバランスの評価

この論文をさがす

著者

    • 東, 崇明 アズマ, タカアキ

書誌事項

タイトル

A new model of core-cooling of rat liver in situ and the dynamic assessment of hepatic energy balance by [31]P nuclear magnetic resonance spectroscopy

タイトル別名

ラット肝in situ冷却モデルの開発と燐核磁気共鳴スペクトロスコピーによる肝エネルギーバランスの評価

著者名

東, 崇明

著者別名

アズマ, タカアキ

学位授与大学

三重大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第495号

学位授与年月日

1991-12-18

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000082931
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083140
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247245
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ