溶接部破壊靱性試験におけるPop-in現象の動的解明と脆性破壊に対する安全性判定法の一提案

この論文をさがす

著者

    • 井坂, 和実 イサカ, カズミ

書誌事項

タイトル

溶接部破壊靱性試験におけるPop-in現象の動的解明と脆性破壊に対する安全性判定法の一提案

著者名

井坂, 和実

著者別名

イサカ, カズミ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9739号

学位授与年月日

1990-06-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 2 溶接部Pop-in現象の概要及び本研究の背景と目的 / p5 (0009.jp2)
  4. 2-1 緒言 / p5 (0009.jp2)
  5. 2-2 溶接部の局所的脆化域(LBZ)とPop-in現象の概要 / p6 (0010.jp2)
  6. 2-3 Pop-inの実用上における問題点と本研究の背景 / p18 (0022.jp2)
  7. 2-4 実継手のCTOD試験におけるPop-in出現頻度の検討 / p24 (0028.jp2)
  8. 2-5 本研究の目的と概要 / p33 (0037.jp2)
  9. 2-6 まとめ / p34 (0038.jp2)
  10. 3 CTOD試験におけるPop-inの安定再現法の確立 / p35 (0039.jp2)
  11. 3-1 緒言 / p35 (0039.jp2)
  12. 3-2 モデル継手によるPop-in安定再現法の確立 / p36 (0040.jp2)
  13. 3-3 まとめ / p44 (0048.jp2)
  14. 4 Pop-inき裂に対する動的計測法 / p45 (0049.jp2)
  15. 4-1 緒言 / p45 (0049.jp2)
  16. 4-2 電位差法によるPop-inき裂の動的計測 / p46 (0050.jp2)
  17. 4-3 磁気誘導法によるPop-inき裂の動的計測 / p51 (0055.jp2)
  18. 4-4 実継手におけるPop-inき裂の動的様相 / p55 (0059.jp2)
  19. 4-5 まとめ / p59 (0063.jp2)
  20. 5 CTOD試験におけるPop-inき裂の動的挙動に関する検討 / p60 (0064.jp2)
  21. 5-1 緒言 / p60 (0064.jp2)
  22. 5-2 Pop-inき裂の動的挙動に関する実験的検討と考察 / p61 (0065.jp2)
  23. 5-3 Pop-inき裂発生後の過渡的力学状態に対する動的数値解析 / p66 (0070.jp2)
  24. 5-4 考察 / p75 (0079.jp2)
  25. 5-5 まとめ / p77 (0081.jp2)
  26. 6 荷重様式がPop-in挙動に及ぼす影響の検討 / p78 (0082.jp2)
  27. 6-1 緒言 / p78 (0082.jp2)
  28. 6-2 引張、曲げ負荷におけるPop-in挙動の実験的検討 / p79 (0083.jp2)
  29. 6-3 動的弾塑性有限要素法による検討 / p84 (0088.jp2)
  30. 6-4 引張負荷でPop-inが停止するための曲げ負荷における制限条件に関する検討と考察 / p89 (0093.jp2)
  31. 6-5 まとめ / p91 (0095.jp2)
  32. 7 脆性破壊に対するPop-in安全性判定法の一提案 / p92 (0096.jp2)
  33. 7-1 緒言 / p92 (0096.jp2)
  34. 7-2 Pop-inの安全性判定手順 / p93 (0097.jp2)
  35. 7-3 まとめ / p104 (0108.jp2)
  36. 8 結論 / p105 (0109.jp2)
  37. 9 謝辞 / p107 (0111.jp2)
  38. 10 参考文献 / p108 (0112.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083066
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083276
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247380
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ