鉄筋コンクリート柱・梁接合部の耐震性向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 北山, 和宏 キタヤマ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

鉄筋コンクリート柱・梁接合部の耐震性向上に関する研究

著者名

北山, 和宏

著者別名

キタヤマ, カズヒロ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9783号

学位授与年月日

1990-07-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 〔目次〕 / 0-7 / (0009.jp2)
  2. 論文要旨 / 0-1 / (0003.jp2)
  3. 謝辞 / 0-4 / (0006.jp2)
  4. 目次 / 0-7 / (0009.jp2)
  5. 発表論文リスト / 0-12 / (0014.jp2)
  6. 第1章 研究の目的 / 1-1 / (0018.jp2)
  7. 1-1 研究の目的 / 1-1 / (0018.jp2)
  8. 1-2 用語の定義 / 1-5 / (0022.jp2)
  9. 1-3 既往の研究 / 1-7 / (0024.jp2)
  10. 1-4 引用文献 / 1-24 / (0041.jp2)
  11. 第2章 せん断抵抗機構の検討 / 2-1 / (0047.jp2)
  12. 2-1 せん断耐力と破壊モード / 2-1 / (0047.jp2)
  13. 2-2 せん断抵抗機構の仮定 / 2-2 / (0048.jp2)
  14. 2-3 実験による検討 / 2-3 / (0049.jp2)
  15. 2-4 有限要素解析による検討 / 2-4 / (0050.jp2)
  16. 2-5 結論 / 2-10 / (0056.jp2)
  17. 2-6 引用文献 / 2-11 / (0057.jp2)
  18. 第3章 接合部横補強筋の機能を検討する実験(Bシリーズ) / 3-1 / (0072.jp2)
  19. 3-1 実験の目的 / 3-1 / (0072.jp2)
  20. 3-2 実験概要 / 3-1 / (0072.jp2)
  21. 3-3 実験結果 / 3-32 / (0103.jp2)
  22. 3-4 接合部横補強筋の機能の検討 / 3-36 / (0107.jp2)
  23. 3-5 各国規定による接合部拘束筋量 / 3-38 / (0109.jp2)
  24. 3-6 結論 / 3-38 / (0109.jp2)
  25. 3-7 引用文献 / 3-39 / (0110.jp2)
  26. 第4章 スラブ付き立体柱・梁接合部の二方向加力実験(Kシリーズ) / 4-1 / (0134.jp2)
  27. 4-1 実験の目的 / 4-1 / (0134.jp2)
  28. 4-2 実験概要 / 4-1 / (0134.jp2)
  29. 4-3 内柱・梁接合部試験体の実験結果 / 4-5 / (0138.jp2)
  30. 4-4 外柱・梁接合部試験体の実験結果 / 4-8 / (0141.jp2)
  31. 4-5 接合部入力せん断力の検討 / 4-10 / (0143.jp2)
  32. 4-6 結論 / 4-11 / (0144.jp2)
  33. 4-7 引用文献 / 4-12 / (0145.jp2)
  34. 第5章 平面骨組と立体骨組のちがいを検討する実験(Aシリーズ) / 5-1 / (0178.jp2)
  35. 5-1 実験の目的 / 5-1 / (0178.jp2)
  36. 5-2 実験概要 / 5-1 / (0178.jp2)
  37. 5-3 実験結果 / 5-40 / (0217.jp2)
  38. 5-4 直交梁およびスラブの影響 / 5-47 / (0224.jp2)
  39. 5-5 結論 / 5-50 / (0227.jp2)
  40. 5-6 引用文献 / 5-51 / (0228.jp2)
  41. 第6章 耐震設計規定の提案 / 6-1 / (0275.jp2)
  42. 6-1 接合部に要求される性能 / 6-1 / (0275.jp2)
  43. 6-2 梁主筋付着劣化と構造物の地震応答 / 6-1 / (0275.jp2)
  44. 6-3 梁主筋付着指標の制限 / 6-5 / (0279.jp2)
  45. 6-4 接合部入力せん断力の制限 / 6-7 / (0281.jp2)
  46. 6-5 横補強筋の必要最小量 / 6-8 / (0282.jp2)
  47. 6-6 軸力による影響 / 6-8 / (0282.jp2)
  48. 6-7 結論 / 6-9 / (0283.jp2)
  49. 6-8 引用文献 / 6-10 / (0284.jp2)
  50. 第7章 本研究の結論 / 7-1 / (0298.jp2)
  51. 7-1 本研究の結論 / 7-1 / (0298.jp2)
  52. 7-2 未解決の問題 / 7-4 / (0301.jp2)
  53. 7-3 引用文献 / 7-6 / (0303.jp2)
  54. 付録A 4国試験体の挙動の比較(英文) / A-1 / (0304.jp2)
  55. 付録B JおよびCシリーズの実験結果 / B-1 / (0318.jp2)
  56. 付録C 等価粘性減衰定数の求め方 / C-1 / (0357.jp2)
  57. 付録D 使用した試験体のリスト / D-1 / (0360.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083110
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083320
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247424
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ