原子力プラントの保全性設計支援技法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小野寺, 勝重 オノデラ, カツシゲ

書誌事項

タイトル

原子力プラントの保全性設計支援技法に関する研究

著者名

小野寺, 勝重

著者別名

オノデラ, カツシゲ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9929号

学位授与年月日

1990-12-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0004.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / 1-1 / (0008.jp2)
  4. 1.1 研究の動機と目的 / 1-1 / (0008.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / 1-2 / (0009.jp2)
  6. 1.3 研究の概要 / 1-5 / (0010.jp2)
  7. 図表リスト / 1-12 / (0014.jp2)
  8. 参考文献 / 1-13 / (0014.jp2)
  9. 第2章 原子力プラントにおける保全性設計技術の体系化 / 2-1 / (0016.jp2)
  10. 2.1 緒言 / 2-1 / (0016.jp2)
  11. 2.2 保全性設計技術の必要性―ライフサイクルコスト / 2-1 / (0016.jp2)
  12. 2.3 保全性設計手順と評価技法 / 2-9 / (0020.jp2)
  13. 2.4 結言 / 2-22 / (0027.jp2)
  14. 図表リスト / 2-23 / (0027.jp2)
  15. 参考文献 / 2-24 / (0028.jp2)
  16. 第3章 プラント保全度目標値2段階配分技法の開発 / 3-1 / (0029.jp2)
  17. 3.1 緒言 / 3-1 / (0029.jp2)
  18. 3.2 常用系統の選定 / 3-4 / (0031.jp2)
  19. 3.3 評価点表による系統別保全度目標値の配分技法(保全度第1次配分) / 3-7 / (0032.jp2)
  20. 3.4 原子力プラントの計画外停止率評価用改良FTA手法 / 3-14 / (0036.jp2)
  21. 3.5 対策必要系統の摘出と対策案最適組合わせ解析技法(保全度第2次配分) / 3-20 / (0042.jp2)
  22. 3.6 技法のBWRプラントへの適用 / 3-26 / (0045.jp2)
  23. 3.7 結言 / 3-55 / (0065.jp2)
  24. 図表リスト / 3-56 / (0066.jp2)
  25. 参考文献 / 3-57 / (0066.jp2)
  26. 第4章 システム故障要因摘出技法「HI-FMECA」の開発 / 4-1 / (0068.jp2)
  27. 4.1 緒言 / 4-1 / (0068.jp2)
  28. 4.2 故障要因評価点表の開発 / 4-3 / (0069.jp2)
  29. 4.3 HI-FMECAによる摘出手順 / 4-11 / (0073.jp2)
  30. 4.4 HI-FMECAによる解析事例 / 4-17 / (0076.jp2)
  31. 4.5 HI-FMECA技法の考察 / 4-34 / (0085.jp2)
  32. 4.6 結言 / 4-55 / (0103.jp2)
  33. 図表リスト / 4-56 / (0104.jp2)
  34. 参考文献 / 4-58 / (0105.jp2)
  35. 第5章 信頼性向上の保全計画技法(RCM)の原子力プラントへの適用研究 / 5-1 / (0106.jp2)
  36. 5.1 緒言 / 5-1 / (0106.jp2)
  37. 5.2 予防保全作業の種類と保全作業効果の検討 / 5-3 / (0107.jp2)
  38. 5.3 原子力プラントの保全計画重要機器の選定技法 / 5-3 / (0107.jp2)
  39. 5.4 原子力プラント用信頼性向上保全計画技法(N-RCM) / 5-13 / (0112.jp2)
  40. 5.5 RCM技法のBWRプラントへの適用事例 / 5-17 / (0116.jp2)
  41. 5.6 運転中異常診断技法の検討 / 5-35 / (0125.jp2)
  42. 5.7 原子力用N-RCM技法の検討 / 5-40 / (0128.jp2)
  43. 5.8 結言 / 5-43 / (0129.jp2)
  44. 図表リスト / 5-44 / (0130.jp2)
  45. 参考文献 / 5-45 / (0130.jp2)
  46. 第6章 結論 / 6-1 / (0132.jp2)
  47. 6.1 成果の概要と結論 / 6-1 / (0132.jp2)
  48. 6.2 今後の研究課題 / 6-3 / (0133.jp2)
  49. 謝辞 / (0135.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083256
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083466
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247570
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ