パイプラインにおける気液二相流の過渡状態解析

この論文をさがす

著者

    • 幸田, 和郎 コウダ, カズオ

書誌事項

タイトル

パイプラインにおける気液二相流の過渡状態解析

著者名

幸田, 和郎

著者別名

コウダ, カズオ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9970号

学位授与年月日

1991-01-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. パイプラインにおける気液二相流の過渡状態解析 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 記号表 / p5 (0008.jp2)
  3. 単位の換算 / p7 (0010.jp2)
  4. 1 序論 / p1 (0011.jp2)
  5. 2 天然ガスパイプラインにおける気液二相流 / p4 (0013.jp2)
  6. 2.1 天然ガスの組成、相変化挙動 / p4 (0013.jp2)
  7. 2.2 二相流天然ガスパイプラインの概要 / p7 (0016.jp2)
  8. 2.3 二相流天然ガスパイプラインの設計、操業上の問題点 / p10 (0019.jp2)
  9. 2.4 天然然ガスパイプラインにおける二相流、およびその過渡状態 / p13 (0022.jp2)
  10. 2.5 従来の研究 / p14 (0023.jp2)
  11. 3 圧力、流量の変動に伴う過渡状態の解析 / p17 (0026.jp2)
  12. 3.1 概要 / p17 (0026.jp2)
  13. 3.2 気液二相流のモデル / p17 (0026.jp2)
  14. 3.3 天然ガスの気液相平衡状態のモデル / p21 (0030.jp2)
  15. 3.4 方程式と境界条件 / p24 (0033.jp2)
  16. 3.5 解法 / p31 (0040.jp2)
  17. 3.6 まとめ / p34 (0043.jp2)
  18. 4 ピギングに伴う過渡状態の解析 / p35 (0044.jp2)
  19. 4.1 概要 / p35 (0044.jp2)
  20. 4.2 ピギングモデル / p35 (0044.jp2)
  21. 4.3 方程式 / p39 (0048.jp2)
  22. 4.4 移動境界における境界条件 / p40 (0049.jp2)
  23. 4.5 解法 / p49 (0058.jp2)
  24. 4.6 まとめ / p54 (0063.jp2)
  25. 5 解析プログラム / p55 (0064.jp2)
  26. 5.1 概要 / p55 (0064.jp2)
  27. 5.2 相平衡、物性値計算 / p55 (0064.jp2)
  28. 5.3 二相流の圧力損失とホールドアップ / p56 (0065.jp2)
  29. 5.4 ピギングに関するパラメータ / p59 (0068.jp2)
  30. 6 実験 / p64 (0073.jp2)
  31. 6.1 概要 / p64 (0073.jp2)
  32. 6.2 実験装置 / p64 (0073.jp2)
  33. 6.3 実験方法 / p68 (0077.jp2)
  34. 6.4 データ収集および処理 / p68 (0077.jp2)
  35. 6.5 解析方法 / p69 (0078.jp2)
  36. 7 過渡状態解析に必要なデータに関する実験結果 / p71 (0080.jp2)
  37. 7.1 定常状態におけるホールドアップと摩擦圧力損失 / p71 (0080.jp2)
  38. 7.2 ピグ前後の現象 / p74 (0083.jp2)
  39. 8 過渡状態気液二相流の実験結果と解析結果の比較 / p79 (0088.jp2)
  40. 8.1 概要 / p79 (0088.jp2)
  41. 8.2 圧力、流量の変動に伴う過渡状態 / p82 (0091.jp2)
  42. 8.3 ピギングに伴う過渡状態 / p92 (0101.jp2)
  43. 8.4 まとめ / p107 (0116.jp2)
  44. 9 実際の天然ガスパイプラインにおける測定データと計算結果の比較 / p108 (0117.jp2)
  45. 9.1 概要 / p108 (0117.jp2)
  46. 9.2 パイプラインAにおける測定値と計算値の比較 / p108 (0117.jp2)
  47. 9.3 パイプラインBにおける測定値と計算値の比較 / p112 (0121.jp2)
  48. 9.4 まとめ / p118 (0127.jp2)
  49. 10 仮想の天然ガスパイプラインにおける過渡状態の計算例 / p119 (0128.jp2)
  50. 10.1 概要 / p119 (0128.jp2)
  51. 10.2 全長で気液二相流となるパイプラインの場合 / p119 (0128.jp2)
  52. 10.3 一部で気相単相流となるパイプラインの場合 / p125 (0134.jp2)
  53. 10.4 まとめ / p127 (0136.jp2)
  54. 11 いくつかの考察、および今後の課題 / p128 (0137.jp2)
  55. 11.1 考察 / p128 (0137.jp2)
  56. 11.2 今後の課題 / p133 (0142.jp2)
  57. 12 結論 / p136 (0145.jp2)
  58. 参考文献 / p137 (0146.jp2)
  59. APPENDIX-1 過渡状態解析プログラムに内蔵の摩擦圧力損失計算式 / p144 (0153.jp2)
  60. APPENDIX-2 過渡状態解析プログラムに内蔵のホールドアップ計算式 / p152 (0161.jp2)
  61. APPENDIX-3 幸田―鈴川のホールドアップ計算式(KS1) / p167 (0177.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083297
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083507
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247611
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ