高温加熱面と衝突する液粒の最大蒸発率点近傍における蒸発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高野, 孝義 タカノ, タカヨシ

書誌事項

タイトル

高温加熱面と衝突する液粒の最大蒸発率点近傍における蒸発に関する研究

著者名

高野, 孝義

著者別名

タカノ, タカヨシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第10115号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p2 (0009.jp2)
  4. 1.2 加熱面上における液粒の蒸発に関する従来の研究 / p4 (0011.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的と構成 / p10 (0017.jp2)
  6. 1.4 主な記号と添え字 / p13 (0020.jp2)
  7. 第2章 材質が異なる加熱固体面に衝突して蒸発する液粒に関する実験結果および検討 / p16 (0023.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p17 (0024.jp2)
  9. 2.2 固体面試料 / p18 (0025.jp2)
  10. 2.3 実験装置 / p20 (0027.jp2)
  11. 2.4 実験方法 / p25 (0032.jp2)
  12. 2.5 材質が異なる加熱面との衝突による液粒の蒸発 / p27 (0034.jp2)
  13. 2.6 セラミックス加熱面との衝突による液粒の蒸発 / p40 (0047.jp2)
  14. 2・7 第2章のまとめ / p67 (0074.jp2)
  15. 第3章 セラミックスが被覆された加熱面に衝突して蒸発する液粒に関する実験結果および検討 / p69 (0076.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p70 (0077.jp2)
  17. 3.2 加熱固体面試料 / p71 (0078.jp2)
  18. 3.3 実験装置および実験方法 / p74 (0081.jp2)
  19. 3.4 実験結果 / p77 (0084.jp2)
  20. 3.5 核沸騰状蒸発領域における被覆層の材質の影響 / p88 (0095.jp2)
  21. 3.6 第3章のまとめ / p99 (0106.jp2)
  22. 第4章 溶射セラミックス被覆加熱面に衝突する液粒の蒸発に対する表面粗さおよび被覆層厚さの影響 / p101 (0108.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p102 (0109.jp2)
  24. 4.2 加熱固体面試料 / p103 (0110.jp2)
  25. 4.3 実験装置および実験方法 / p106 (0113.jp2)
  26. 4.4 表面粗さが異なるセラミックス被覆層を有する加熱面との衝突による液粒の蒸発 / p109 (0116.jp2)
  27. 4.5 厚さが異なるセラミックス被覆層を有する加熱面との衝突による液粒の蒸発 / p131 (0138.jp2)
  28. 4.6 第4章のまとめ / p149 (0156.jp2)
  29. 第5章 加熱面から液粒への熱伝達に関する理論的考察 / p151 (0158.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p152 (0159.jp2)
  31. 5.2 解析の仮定 / p153 (0160.jp2)
  32. 5.3 溶射セラミックス被覆層の有効熱伝導度 / p155 (0162.jp2)
  33. 5.4 基礎方程式と数値解法 / p158 (0165.jp2)
  34. 5.5 計算結果の概要 / p161 (0168.jp2)
  35. 5.6 溶射セラミックスの被覆層厚さが異なる場合の液粒の寿命 / p174 (0181.jp2)
  36. 5.7 溶射セラミックス被覆層の表面粗さが異なる場合の液粒の寿命 / p186 (0193.jp2)
  37. 5.8 溶射セラミックス被覆層の材質が異なる場合の液粒の寿命 / p191 (0198.jp2)
  38. 5.9 セラミックス(a)加熱面における液粒の寿命 / p195 (0202.jp2)
  39. 5.10 第5章のまとめ / p198 (0205.jp2)
  40. 第6章 加熱面材質の熱物性値の測定 / p199 (0206.jp2)
  41. 6.1 はじめに / p200 (0207.jp2)
  42. 6.2 測定原理および測定装置 / p202 (0209.jp2)
  43. 6.3 試料 / p203 (0210.jp2)
  44. 6.4 溶射セラミックスの密度 / p205 (0212.jp2)
  45. 6.5 金属およびセラミックス加熱面材質の熱伝導率 / p206 (0213.jp2)
  46. 6.6 溶射セラミックスの熱拡散率、比熱および熱伝導率 / p209 (0216.jp2)
  47. 6.6.工溶射アルミナの熱拡散率 / p209 (0216.jp2)
  48. 6.7 溶射セラミックスの有効熱伝導度 / p223 (0230.jp2)
  49. 6.8 第6章のまとめ / p229 (0236.jp2)
  50. 第7章 結論 / p230 (0237.jp2)
  51. 参考文献 / p236 (0243.jp2)
  52. 謝辞 / p243 (0250.jp2)
  53. 発表論文 / (0251.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083442
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083652
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247756
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ