普通強度から高強度までの材料を用いた鉄筋コンクリートの構成則と有限要素解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 飯塚, 崇文 イイズカ, タカフミ

書誌事項

タイトル

普通強度から高強度までの材料を用いた鉄筋コンクリートの構成則と有限要素解析に関する研究

著者名

飯塚, 崇文

著者別名

イイズカ, タカフミ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第925号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次-1 / (0010.jp2)
  2. 論文要旨(日本語、英語、独語) / 論文要旨-1 / (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0015.jp2)
  4. 1.1 研究の目的と背景 / p1 (0015.jp2)
  5. 1.2 研究の独創性と新規性 / p3 (0017.jp2)
  6. 1.3 RC構造物における有限要素解析手法 / p5 (0019.jp2)
  7. 1.4 RC材料の有限要素解析上の問題点 / p5 (0019.jp2)
  8. 第1章の参考文献 / p8 (0022.jp2)
  9. 第2章 鉄筋コンクリートの有限要素解析モデルに関する既往の研究 / p9 (0023.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p9 (0023.jp2)
  11. 2.2 有限要素法解析の基本概念 / p9 (0023.jp2)
  12. 2.3 コンクリートモデル / p14 (0028.jp2)
  13. 2.4 多軸応力下でのコンクリートの構成則 / p17 (0031.jp2)
  14. 2.5 コンクリートの破壊条件 / p20 (0034.jp2)
  15. 2.6 鉄筋モデル / p22 (0036.jp2)
  16. 2.7 鉄筋とコンクリート間の付着特性モデル / p23 (0037.jp2)
  17. 2.8 ひびわれ面での骨材の噛み合い効果による内面せん断伝達モデル / p24 (0038.jp2)
  18. 2.9 ひびわれ面を横切る鉄筋によるダボ作用モデル / p26 (0040.jp2)
  19. 第2章の図・表 / p27 (0041.jp2)
  20. 第2章の参考文献 / p33 (0047.jp2)
  21. 第3章 鉄筋コンクリート角柱要素の1軸・2軸応力下でのびわれ開閉挙動実験 / p36 (0050.jp2)
  22. 3.1 実験目的 / p36 (0050.jp2)
  23. 3.2 普通強度及び高強度RC角柱要素でのひびわれ開閉挙動実験 / p36 (0050.jp2)
  24. 3.3 コンクリートのひびわれ開閉性状 / p38 (0052.jp2)
  25. 3.4 ひびわれ直交方向のコンクリートが負担するTension Stiffening特性 / p43 (0057.jp2)
  26. 3.5 ひびわれ近傍の付着性状 / p45 (0059.jp2)
  27. 第3章の図・表 / p49 (0063.jp2)
  28. 第3章の参考文献 / p62 (0076.jp2)
  29. 第4章 高強度鉄筋コンクリート要素での繰返しせん断伝達特性に関する実験 / p64 (0078.jp2)
  30. 4.1 実験目的 / p64 (0078.jp2)
  31. 4.2 実験概要 / p64 (0078.jp2)
  32. 4.3 RCひびわれ面での主要な2つのせん断伝達機構 / p64 (0078.jp2)
  33. 4.4 鉄筋コンクリートひびわれ面でのせん断応力-せん断滑りの関係 / p66 (0080.jp2)
  34. 4.5 鉄筋のダボ作用効果によるせん断応力-せん断変形の関係 / p66 (0080.jp2)
  35. 4.6 コンクリートの粗骨材粒度の影響 / p68 (0082.jp2)
  36. 4.7 RCひびわれ面でのせん断伝達成分の寄与率 / p68 (0082.jp2)
  37. 4.8 本章の総括 / p69 (0083.jp2)
  38. 第4章の図・表 / p70 (0084.jp2)
  39. 第4章の参考文献 / p74 (0088.jp2)
  40. 第5章 鉄筋コンクリート部材の一般化有限要素解析モデルの定式化 / p75 (0089.jp2)
  41. 5.1 はじめに / p75 (0089.jp2)
  42. 5.2 RC部材における有限要素解析モデルの構築方法とその評価方法 / p75 (0089.jp2)
  43. 5.3 ひびわれ発生前のコンクリートモデル / p76 (0090.jp2)
  44. 5.4 ひびわれ発生後のコンクリートモデル / p89 (0103.jp2)
  45. 5.5 コンクリートの破壊基準 / p98 (0112.jp2)
  46. 5.6 ひびわれ面を横切る鉄筋のダボ作用モデル / p101 (0115.jp2)
  47. 5.7 RC接合要素モデル / p104 (0118.jp2)
  48. 5.8 コンクリート内における鉄筋モデル / p108 (0122.jp2)
  49. 第5章の図・表 / p111 (0125.jp2)
  50. 第5章の参考文献 / p129 (0143.jp2)
  51. 第6章 鉄筋コンクリート部材の一般化有限要素解析プログラム『FERC』の開発 / p134 (0148.jp2)
  52. 6.1 はじめに / p134 (0148.jp2)
  53. 6.2 RC部材の弾塑性挙動解析における有限要素法 / p134 (0148.jp2)
  54. 6.3 ひびわれたコンクリートの有限要素解析への適用方法 / p137 (0151.jp2)
  55. 6.4 一般化有限要素解析プログラム『FERC』の構成 / p143 (0157.jp2)
  56. 第6章の図・表 / p146 (0160.jp2)
  57. 第6章の参考文献 / p149 (0163.jp2)
  58. 第7章 有限要素解析プログラム『FERC』の有効性評価のための検証解析 / p150 (0164.jp2)
  59. 7.1 はじめに / p150 (0164.jp2)
  60. 7.2 鉄筋コンクリート平板の解析 / p150 (0164.jp2)
  61. 7.3 鉄筋コンクリートはりの解析 / p151 (0165.jp2)
  62. 7.4 鉄筋コンクリート耐震壁の解析 / p153 (0167.jp2)
  63. 7.5 鉄筋コンクリート柱の解析 / p156 (0170.jp2)
  64. 7.6 本章のまとめ / p157 (0171.jp2)
  65. 第7章の図・表 / p158 (0172.jp2)
  66. 第7章の参考文献 / p179 (0193.jp2)
  67. 第8章 有限要素解析を用いたRC部材の弾塑性挙動解明への応用 / p180 (0194.jp2)
  68. 8.1 はじめに / p180 (0194.jp2)
  69. 8.2 FEM解析による数値実験 / p180 (0194.jp2)
  70. 8.3 数値実験結果の検討 / p181 (0195.jp2)
  71. 8.4 終局強度型耐震設計指針のマクロモデルにおけるせん断抵抗機構の検証 / p182 (0196.jp2)
  72. 8.5 軸力を考慮したせん断信頼強度におけるせん断設計マクロモデルの提案 / p186 (0200.jp2)
  73. 第8章の図・表 / p188 (0202.jp2)
  74. 第9章 本研究の結論 / p192 (0206.jp2)
  75. 9.1 本研究の結論 / p192 (0206.jp2)
  76. 9.2 未解決の問題点と今後の研究課題 / p193 (0207.jp2)
  77. 既公表論文(リスト・7偏) / p194 (0208.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084126
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084336
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248440
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ