自動化された可変波長色素レーザーの開発とその原子蛍光分析への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 興, 雄司 オキ, ユウジ

書誌事項

タイトル

自動化された可変波長色素レーザーの開発とその原子蛍光分析への応用に関する研究

著者名

興, 雄司

著者別名

オキ, ユウジ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2938号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 色素レーザー / p3 (0009.jp2)
  5. 1.3 可変波長レーザーを用いた分光分析 / p12 (0018.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的と概要 / p22 (0028.jp2)
  7. 2 広帯域可変波長色素レーザーの自動化 / p25 (0031.jp2)
  8. 2.1 工業用可変波長レーザーの問題点とその解決法 / p26 (0032.jp2)
  9. 2.2 励起用N₂レーザー / p28 (0034.jp2)
  10. 2.3 広帯域パルス色素レーザー / p37 (0043.jp2)
  11. 2.4 第二高調波発生システム / p53 (0059.jp2)
  12. 2.5 まとめ / p67 (0073.jp2)
  13. 3 オプトガルバニック自動波長校正装置 / p71 (0077.jp2)
  14. 3.1 オプトガルバニック波長校正の原理 / p72 (0078.jp2)
  15. 3.2 0G信号の取り込み実験 / p74 (0080.jp2)
  16. 3.3 0G波長校正の誤差検討 / p78 (0084.jp2)
  17. 3.4 まとめ / p82 (0088.jp2)
  18. 4 CW色素レーザーを用いたフレームレス原子蛍光分析 / p83 (0089.jp2)
  19. 4.1 レーザー原子蛍光法における基礎過程 / p84 (0090.jp2)
  20. 4.2 CW色素レーザーを用いたNa原子の検知 / p94 (0100.jp2)
  21. 4.3 使用したアトマイザーの原子化効率測定 / p107 (0113.jp2)
  22. 4.4 まとめ / p111 (0117.jp2)
  23. 5 パルス色素レーザーを用いたフレームレス原子蛍光分析 / p113 (0119.jp2)
  24. 5.1 パルスレーザー励起のLIF計測の問題点と対策 / p114 (0120.jp2)
  25. 5.2 実験結果 / p129 (0135.jp2)
  26. 5.3 実験結果の検討 / p144 (0150.jp2)
  27. 5.4 まとめ / p149 (0155.jp2)
  28. 6 総括 / p151 (0157.jp2)
  29. 6.1 結論 / p151 (0157.jp2)
  30. 6.2 将来への展望 / p154 (0160.jp2)
  31. 参考文献 / p159 (0165.jp2)
  32. 謝辞 / p164 (0170.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084731
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084943
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000249045
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ