溶融法によるYBaCuO超伝導体の臨界電流密度に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 倪, 宝栄 ニイ, バウロン

書誌事項

タイトル

溶融法によるYBaCuO超伝導体の臨界電流密度に関する研究

著者名

倪, 宝栄

著者別名

ニイ, バウロン

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2940号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 酸化物高温超伝導体及びその臨界電流特性 / p3 (0008.jp2)
  4. 1.2 YBaCuOの臨界電流特性についての研究の現状及び問題点 / p5 (0010.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的及び構成 / p11 (0016.jp2)
  6. 第2章MPMG法によるYBaCuO試料の作製とその微細構造 / p14 (0019.jp2)
  7. 2.1 YBaCuOバルク試料の作製 / p15 (0020.jp2)
  8. 2.2 MPMG法試料の臨界温度とその微細構造 / p20 (0025.jp2)
  9. 2.3 まとめ / p29 (0034.jp2)
  10. 第3章 臨界電流密度の測定法の再検討 / p30 (0035.jp2)
  11. 3.1 酸化物超伝導体における各評価法とその妥当性 / p31 (0036.jp2)
  12. 3.2 AC法による臨界電流密度の評価法の改良 / p34 (0039.jp2)
  13. 3.3 交流帯磁率測定による臨界電流密度の評価 / p56 (0061.jp2)
  14. 3.4 まとめ / p62 (0067.jp2)
  15. 第4章 弱結合特性の評価 / p64 (0069.jp2)
  16. 4.1 履歴効果による評価 / p64 (0069.jp2)
  17. 4.2 縦磁界効果による評価 / p80 (0085.jp2)
  18. 4.3 まとめ / p85 (0090.jp2)
  19. 第5章 量子化磁束の可逆運動の影響 / p88 (0093.jp2)
  20. 5.1 高温での磁化特性における異常 / p88 (0093.jp2)
  21. 5.2 臨界状態モデルからの逸脱 / p92 (0097.jp2)
  22. 5.3 交流帯磁率の特異性 / p101 (0106.jp2)
  23. 5.4 まとめ / p115 (0120.jp2)
  24. 第6章 溶融法YBaCuOにおける臨界電流特性 / p117 (0122.jp2)
  25. 6.1 臨界電流密度の異方性 / p118 (0123.jp2)
  26. 6.2 パーコレーション問題 / p121 (0126.jp2)
  27. 6.3 磁束ピン止め特性 / p126 (0131.jp2)
  28. 6.4 まとめ / p136 (0141.jp2)
  29. 第7章 総括 / p138 (0143.jp2)
  30. 謝辞 / p144 (0149.jp2)
  31. 付録A AC法による結晶粒内の臨界電流密度の評価 / p145 (0150.jp2)
  32. 参考文献 / p149 (0154.jp2)
  33. 記号表 / p155 (0160.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084733
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084945
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000249047
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ