流動型社会の研究

この論文をさがす

著者

    • 三浦, 典子, 1946- ミウラ, ノリコ
    • 小谷, 典子 オタニ, ノリコ

書誌事項

タイトル

流動型社会の研究

著者名

三浦, 典子, 1946-

著者別名

ミウラ, ノリコ

著者名

小谷, 典子

著者別名

オタニ, ノリコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第5099号

学位授与年月日

1992-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 流動型社会の研究 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. I 流動型社会の問題状況 / (0007.jp2)
  3. 第一章 流動型社会論 / p3 (0008.jp2)
  4. 一 はじめに / p3 (0008.jp2)
  5. 二 流動型社会のプロトタイプ / p5 (0009.jp2)
  6. 三 社会移動と流動型社会 / p7 (0010.jp2)
  7. 四 流動型社会の生活構造 / p11 (0012.jp2)
  8. 五 流動型社会の今日的課題 / p18 (0016.jp2)
  9. 第二章 社会移動と社会構造 / p25 (0019.jp2)
  10. 一 社会移動研究の系譜 / p25 (0019.jp2)
  11. 二 社会移動概念の形成 / p28 (0021.jp2)
  12. 三 社会移動の分析視角 / p31 (0022.jp2)
  13. 第三章 生活構造と生活体制 / p35 (0024.jp2)
  14. 三・一 生活構造概念の展開と収斂 / p35 (0024.jp2)
  15. 三・二 現代の生活体制 / p55 (0034.jp2)
  16. 第四章 コミュニティにおける土着と流動 / p72 (0043.jp2)
  17. 一 はじめに / p72 (0043.jp2)
  18. 二 わが国における社会移動 / p74 (0044.jp2)
  19. 三 社会移動の効果 / p81 (0047.jp2)
  20. 四 社会移動とコミュニティ / p87 (0050.jp2)
  21. 五 コミュニティにおける土着と流動 / p92 (0053.jp2)
  22. II 流動型社会の現状分析 / (0055.jp2)
  23. 第五章 移動パターンと地域類型 / p99 (0056.jp2)
  24. 一 はじめに / p99 (0056.jp2)
  25. 二 階層間移動 / p103 (0058.jp2)
  26. 三 地域間移動 / p111 (0062.jp2)
  27. 四 階層間移動と地域間移動 / p117 (0065.jp2)
  28. 第六章 土着型社会における漂泊と定住 / p122 (0068.jp2)
  29. 六・一 糸満系漁民集落の生活構造 / p122 (0068.jp2)
  30. 六・二 糸満系漁民の移動と定住 / p140 (0077.jp2)
  31. 第七章 炭住の人と社会-持続と変容- / p156 (0085.jp2)
  32. 一 はじめに / p156 (0085.jp2)
  33. 二 対象地域と対象者の特性 / p158 (0086.jp2)
  34. 三 社会移動と生活構造 / p163 (0088.jp2)
  35. 四 炭住居住者の意識構造 / p174 (0094.jp2)
  36. 五 炭住コミュニテイの持続と変容 / p185 (0099.jp2)
  37. 第八章 工業化とコミュニティの変容 / p192 (0103.jp2)
  38. 八・一 企業組織とコミュニティ / p192 (0103.jp2)
  39. 八・二 企業進出とコミュニティ / p211 (0112.jp2)
  40. III 流動型社会の展望 / (0123.jp2)
  41. 第九章 都心と流動 / p235 (0124.jp2)
  42. 一 中心と周辺-都市空間の構造- / p235 (0124.jp2)
  43. 二 集中と分散 / p238 (0126.jp2)
  44. 三 都心における意識構造 / p244 (0129.jp2)
  45. 四 都心再生への展望 / p248 (0131.jp2)
  46. 第十章 大都市都心のコミュニティ / p252 (0133.jp2)
  47. 一 大都市の都心 / p252 (0133.jp2)
  48. 二 調査対象地の概要 / p253 (0133.jp2)
  49. 三 都心の生活環境 / p260 (0137.jp2)
  50. 四 都心の生活構造 / p262 (0138.jp2)
  51. 五 コミュニティ意識と生活意識 / p271 (0142.jp2)
  52. 六 総括と課題 / p279 (0146.jp2)
  53. 第十一章 大都市コミュニティの存立可能性 / p282 (0148.jp2)
  54. 一 はじめに / p282 (0148.jp2)
  55. 二 コミュニティ分析の枠組 / p283 (0148.jp2)
  56. 三 コミュニティ変容のメカニズム / p285 (0149.jp2)
  57. 四 大都市コミュニティの実相 / p288 (0151.jp2)
  58. 五 大都市コミュニティの可能性 / p290 (0152.jp2)
  59. 第十二章 社会学的ハウジング論序説 / p294 (0154.jp2)
  60. 一 問題提起 / p294 (0154.jp2)
  61. 二 社会学的ハウジング研究の展開過程 / p297 (0155.jp2)
  62. 三 社会学的ハウジング論の現状と課題 / p303 (0158.jp2)
  63. 総括 / p309 (0161.jp2)
  64. あとがき / p316 (0165.jp2)
  65. 事項索引 / p3 (0168.jp2)
  66. 人名索引 / p1 (0169.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084818
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972856
    • 8000000085030
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249132
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ