木材の空隙表面の化学反応性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 平林, 靖彦 ヒラバヤシ, ヤスヒコ

書誌事項

タイトル

木材の空隙表面の化学反応性に関する研究

著者名

平林, 靖彦

著者別名

ヒラバヤシ, ヤスヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第5104号

学位授与年月日

1992-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 木材の一時空隙の構造に関する幾何学的モデルの検討 / p5 (0012.jp2)
  4. 1.一時空隙のモデルの設定の前提 / p5 (0012.jp2)
  5. 2.一時空隙の幾何学的計算 / p11 (0018.jp2)
  6. 3.一時空隙の幾何学的計算の結果と考察 / p15 (0022.jp2)
  7. 第2章 一時空隙と化学反応性の評価法 / p22 (0029.jp2)
  8. 1.序言 / p22 (0029.jp2)
  9. 2.材料と実験方法 / p22 (0029.jp2)
  10. 第3章 一時空隙表面の塩化シアヌルに対するリセプティビティと反応性 / p36 (0043.jp2)
  11. 1.序言 / p36 (0043.jp2)
  12. 2.供試材料の水分吸着等温データのB.E.T.理論による単分子吸着の解析 / p39 (0046.jp2)
  13. 3.木材への塩化シアヌルの導入に対する反応温度の影響 / p44 (0051.jp2)
  14. 4.塩化シアヌルの結合量に及ぼすアルカリ処理濃度の影響 / p46 (0053.jp2)
  15. 5.塩化シアヌル分子のディメンジョンおよびこれによって覆われる一時空隙の面積の計算 / p52 (0059.jp2)
  16. 第4章 ザンテート法による木材へのアクロレインのグラフト重合 / p59 (0066.jp2)
  17. 1.アクロレインの重合機構 / p59 (0066.jp2)
  18. 2.ザンテート法グラフト重合 / p65 (0072.jp2)
  19. 3.ザンテート法における木材成分の溶出 / p68 (0075.jp2)
  20. 4.ザンテート法における各種前処理および反応条件のグラフト反応に与える影響 / p73 (0080.jp2)
  21. 第5章 一時空隙充填体としての木材-グラフトポリアクロレイン共重合体のオキシム化に対するリセプティビティ / p116 (0127.jp2)
  22. 1.木材-グラフトポリアクロレイン共重合体の官能基 / p116 (0127.jp2)
  23. 2.木材-グラフトポリアクロレイン共重合体のアルデヒド基のリセプティビティ / p119 (0130.jp2)
  24. 3.木材の一時空隙の表面におけるサンデート基の分布に関する幾何学的な検討 / p123 (0134.jp2)
  25. 4.一時空隙表面にグラフト重合したポリアクロレインのヒドロキシルアミン分子に対するリセプティビティの幾何学的検討 / p126 (0137.jp2)
  26. 第6章 グラフト重合体表面の形態学的考察 / p132 (0143.jp2)
  27. 1.ザンテート法グラフト重合の前処理の木材表面への形態的影響 / p132 (0143.jp2)
  28. 2.低グラフト重合体表面の形態 / p137 (0148.jp2)
  29. 3.高グラフト重合体表面の形態 / p140 (0151.jp2)
  30. 総括 / p145 (0156.jp2)
  31. 謝辞 / p148 (0159.jp2)
  32. 引用文献 / p149 (0160.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084823
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085036
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249137
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ