肺癌のin vitro制癌剤感受性試験における線維芽細胞の影響について A study of fibroblasts in the chemosensitivity testing on human lung cancer cell lines

この論文をさがす

著者

    • 榊原, 正典 サカキバラ, マサノリ

書誌事項

タイトル

肺癌のin vitro制癌剤感受性試験における線維芽細胞の影響について

タイトル別名

A study of fibroblasts in the chemosensitivity testing on human lung cancer cell lines

著者名

榊原, 正典

著者別名

サカキバラ, マサノリ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第4217号

学位授与年月日

1992-07-03

注記・抄録

博士論文

肺癌切除標本を用いたin vitro制癌剤感受性試験には線維芽細胞が混在するため, その影響と除外 方法を検討した.用いた細胞は肺癌継代培養細胞14種類と肺癌切除標本より得られた線維芽細胞14種 類である.これらの細胞を1対1の割合で混合し,適宜培養後制癌剤を投与し肺癌細胞単独と線維芽 細胞混在時の感受性を比較した.制癌剤感受性はMTT colorimetric assay法でSD活性を測定する ことにより求めた.結果として線維芽細胞のSD活性は肺癌細胞の1/2から1/4であった.線維芽細胞の 制癌剤感受性はCDDP,MMC,5-FUに対しては肺癌細胞とほぼ同等であったが, ADMとVP・16に 対しては肺癌細胞より高かった.肺癌細胞と同様に線維芽細胞の感受性にもheterogeneityが認めら れた. 肺癌細胞に線維芽細胞を混合し3日間培養後CDDPを加えた場合,61%に感受性に影響がみられ た.また線維芽細胞培養液(C.M)を加えた場合には10%に感受性の亢進がみられた.このC.M中の 感受性亢進因子は100GYの照射では影響を受けないが,10分間の煮沸で失活した.この因子は一部の 肺癌細胞のG0・G1期を刺激し増殖を促進させ,EGFの可能性が高いと思われたが同定はできなかっ た.しかしこれらの影響は線維芽細胞あるいはC.M混合時に制癌剤を同時に投与することにより除外 することが可能であった. 以上より切除標本を用いたin vitro制癌剤感受性試験においては,線維芽細胞の直接的および間接 的影響を最少限にするために,腫瘍細胞を採取後培養期間を置かずに制癌剤を加え,感受性試験を行 う必要があった. The purpose of this study is to assess effects of fibroblasts in the vitro chemosensitivity testing on human lung cancer cells and to remove them. Fourteen lung cancer cell lines and 14 fibroblasts derived from resected specimens of lung cancers were used, whose S.D (succinate dehydrogenase) activities were measured with MTT colorimetric assay. The chemosensitivity of a lung cancer cell alone was compared with that of mixed cancer cell and fibroblast. As results, S.D activities of fibroblasts were less 2-4 fold than those of lung cancer cells. Fibroblasts were as sensitive to CDDP, MMC and 5-FU as lung cancer cells, but more sensitive to ADM and VP-16 than them. When sensitivity testings were performed on mixed cancer cells and fibroblasts, or mixed cancer cells and conditioned media of fibroblasts to CDDP with 3 day's incubation times, the sensitivity was affected in 61%, or 10% of all the pairs, respectively. However, when these tests were done without any incubation times, the sensitivity was not affected. Therefore, it was suggested that anticancer drugs had to be simultaneously added when single cell suspensions were plated if resected specimens were used in a anticancer drug sensitivity test.

名古屋大学博士学位論文 学位の種類 : 博士(医学)(論文) 学位授与年月日:平成4年7月3日 榊原正典氏の博士論文として提出された

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000091544
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000091769
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000255858
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ