Schemeの機能拡張に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小宮, 常康 コミヤ, ツネヤス

書誌事項

タイトル

Schemeの機能拡張に関する研究

著者名

小宮, 常康

著者別名

コミヤ, ツネヤス

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第152号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

豊橋技術科学大学

目次

  1. もくじ / p5 (0007.jp2)
  2. 論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. Abstract / p3 (0005.jp2)
  4. 1 序論 / p1 (0014.jp2)
  5. 1.1 Scheme / p1 (0014.jp2)
  6. 1.2 本論文の概要 / p3 (0016.jp2)
  7. I Schemeの並列化に関する研究 / p5 (0018.jp2)
  8. はじめに / p6 (0019.jp2)
  9. 2 並列TUTSchemeの機能 / p8 (0021.jp2)
  10. 2.1 プリミティブな機能 / p8 (0021.jp2)
  11. 2.2 プリミティブな機能を使って実現される機能 / p15 (0028.jp2)
  12. 3 並列TUTSchemeの実現と性能評価 / p27 (0040.jp2)
  13. 3.1 TUTSchemeの実行方式 / p27 (0040.jp2)
  14. 3.2 futureの実現 / p43 (0056.jp2)
  15. 3.3 Touch / p45 (0058.jp2)
  16. 3.4 暗黙のtouch / p46 (0059.jp2)
  17. 3.5 相互排除と同期のための関数の実現 / p47 (0060.jp2)
  18. 3.6 性能評価 / p51 (0064.jp2)
  19. 4 継続とFutureの併用 / p59 (0072.jp2)
  20. 4.1 継続 / p59 (0072.jp2)
  21. 4.2 継続の拡張 / p61 (0074.jp2)
  22. 4.3 他の並列Schemeとの比較 / p75 (0088.jp2)
  23. 第I部のまとめ / p81 (0094.jp2)
  24. II 実行効率のよい継続機能の提案 / p82 (0095.jp2)
  25. はじめに / p83 (0096.jp2)
  26. 5 無制限の寿命を持つ単一呼出継続 / p85 (0098.jp2)
  27. 5.1 呼び出しを一回に制限した継続 / p85 (0098.jp2)
  28. 5.2 IOCの意味論 / p88 (0101.jp2)
  29. 6 IOCの実現と性能評価 / p101 (0114.jp2)
  30. 6.1 call/epの実現方法 / p101 (0114.jp2)
  31. 6.2 call/iocの実現方法 / p101 (0114.jp2)
  32. 6.3 末尾再帰呼び出しの最適化 / p105 (0118.jp2)
  33. 6.4 性能評価 / p107 (0120.jp2)
  34. 第II部のまとめ / p117 (0130.jp2)
  35. III マクロ再定義時の自動再コンパイル方式 / p119 (0132.jp2)
  36. はじめに / p120 (0133.jp2)
  37. 7 自動再コンパイル機能 / p124 (0137.jp2)
  38. 7.1 基本原理 / p124 (0137.jp2)
  39. 7.2 Weak Consによる依存関係グラフの保持 / p127 (0140.jp2)
  40. 8 自動再コンパイル機能の実現方法 / p129 (0142.jp2)
  41. 8.1 インクリメンタル・コンパイラ / p129 (0142.jp2)
  42. 8.2 TUTSchemeのマクロ / p130 (0143.jp2)
  43. 8.3 依存関係グラフの実現 / p130 (0143.jp2)
  44. 8.4 再コンパイル / p132 (0145.jp2)
  45. 8.5 自動再コンパイル機能の実現 / p134 (0147.jp2)
  46. 第III部のまとめ / p136 (0149.jp2)
  47. 9 結言 / p138 (0151.jp2)
  48. 謝辞 / p140 (0153.jp2)
  49. 参考文献 / p141 (0154.jp2)
  50. 業績発表目録 / p147 (0160.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000130098
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953879
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000294412
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ