社会的促進過程に関する研究 : 他者の存在と個人のパフォーマンス

この論文をさがす

著者

    • 吉田, 俊和 ヨシダ, トシカズ

書誌事項

タイトル

社会的促進過程に関する研究 : 他者の存在と個人のパフォーマンス

著者名

吉田, 俊和

著者別名

ヨシダ, トシカズ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (教育心理学)

学位授与番号

乙第4947号

学位授与年月日

1996-02-29

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(教育心理学) (論文) 学位授与年月日:平成8年2月29日

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 研究の理論的背景と本研究の問題 / p4 (0009.jp2)
  4. 第1節 Zajonc 以前の古典的研究 / p4 (0009.jp2)
  5. 第2節 Zajoncの「他者の単なる存在」仮説 / p7 (0012.jp2)
  6. 第3節 Cottrellの「学習された動因源」仮説 / p15 (0020.jp2)
  7. 第4節 注意のコンフリクト仮説 / p21 (0026.jp2)
  8. 第5節 自己客体視説 / p24 (0029.jp2)
  9. 第6節 自己呈示説 / p29 (0034.jp2)
  10. 第7節 本研究の問題 / p33 (0038.jp2)
  11. 第2章 学習された動因源仮説の検討 / p37 (0042.jp2)
  12. 第3章 原因帰属モデルとの関連性 / p44 (0049.jp2)
  13. 第1節 達成動機要因による検討 / p44 (0049.jp2)
  14. 第2節 公的自己意識特性要因による検討 / p49 (0054.jp2)
  15. 第4章 注意のコンフリクト仮説の検討 / p61 (0066.jp2)
  16. 第1節 対人距離要因による検討 / p61 (0066.jp2)
  17. 第2節 認知的不協和要因による検討 / p77 (0082.jp2)
  18. 第5章 自己呈示説の検討 / p91 (0096.jp2)
  19. 第1節 援助場面における課題遂行 / p91 (0096.jp2)
  20. 第2節 セルフ・ハンディキャッピングの利用と課題遂行 / p98 (0103.jp2)
  21. 第6章 教室場面における課題遂行 / p106 (0111.jp2)
  22. 第1節 遂行順序要因による検討 / p106 (0111.jp2)
  23. 第2節 テスト不安特性とモニタリング要因による検討 / p112 (0117.jp2)
  24. 第3節 言語的サポート要因による検討 / p122 (0127.jp2)
  25. 第7章 総括的討論 / p133 (0138.jp2)
  26. 第1節 本研究の意義と問題点 / p133 (0138.jp2)
  27. 第2節 諸理論の統合 / p137 (0142.jp2)
  28. 第3節 今後の展開-社会的促進研究の関連領域- / p141 (0146.jp2)
  29. 引用文献 / p146 (0151.jp2)
  30. 終わりに / p157 (0162.jp2)
19アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131919
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966546
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296233
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ