PC鋼材の遅れ破壊に及ぼす水素の挙動に関する研究 pishi kozai no okure hakai ni oyobosu suiso no kyodo ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 高井, 健一 タカイ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

PC鋼材の遅れ破壊に及ぼす水素の挙動に関する研究

タイトル別名

pishi kozai no okure hakai ni oyobosu suiso no kyodo ni kansuru kenkyu

著者名

高井, 健一

著者別名

タカイ, ケンイチ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1188号

学位授与年月日

1996-03-07

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1188号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1996/3/7 ; 早大学位記番号:新2334 ; 理工学図書館請求番号:1999

本文PDFは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルをPDFに変換したものである。

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の概要 / p31 (0020.jp2)
  6. 参考文献 / p34 (0022.jp2)
  7. 第2章 コンクリートポール中のPC鋼棒の遅れ破壊 / p38 (0024.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p38 (0024.jp2)
  9. 2.2 コンクリートポール中におけるPC鋼棒の破壊 / p40 (0025.jp2)
  10. 2.3 実環境破壊形態と加速試験による破壊形態の対応 / p43 (0026.jp2)
  11. 2.4 遅れ破壊を起こした鋼材の特徴 / p49 (0029.jp2)
  12. 2.5 結言 / p69 (0039.jp2)
  13. 参考文献 / p70 (0040.jp2)
  14. 第3章 二次イオン質量分析法による高強度鋼中の水素トラップサイトの可視化 / p71 (0040.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p71 (0040.jp2)
  16. 3.2 二次イオン質量分析法の測定方法 / p72 (0041.jp2)
  17. 3.3 SIMSによる水素トラップサイトの可視化 / p74 (0042.jp2)
  18. 3.4 SIMSによる水素放出ピークの同定 / p85 (0047.jp2)
  19. 3.5 結言 / p96 (0053.jp2)
  20. 参考文献 / p97 (0053.jp2)
  21. 第4章 冷間伸線型のPC鋼線と熱処理型のPC鋼棒の遅れ破壊特性の比較 / p99 (0054.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p99 (0054.jp2)
  23. 4.2 供試材 / p99 (0054.jp2)
  24. 4.3 PC鋼線とPC鋼棒の遅れ破壊特性の比較 / p105 (0057.jp2)
  25. 4.4 PC鋼線とPC鋼棒の破壊形態の比較 / p107 (0058.jp2)
  26. 4.5 PC鋼線とPC鋼棒の水素吸蔵過程の比較 / p110 (0060.jp2)
  27. 4.6 遅れ破壊に及ぼす水素放出ピークの同定 / p114 (0062.jp2)
  28. 4.7 PC鋼線とPC鋼棒の水素トラップサイトの比較 / p116 (0063.jp2)
  29. 4.8 PC鋼線の遅れ破壊特性に及ぼす組織因子および水素吸蔵特性 / p123 (0066.jp2)
  30. 4.9 結言 / p124 (0067.jp2)
  31. 参考文献 / p125 (0067.jp2)
  32. 第5章 PC鋼線の遅れ破壊特性に及ぼす伸線加工率の影響 / p127 (0068.jp2)
  33. 5.1 緒言 / p127 (0068.jp2)
  34. 5.2 供試材 / p127 (0068.jp2)
  35. 5.3 耐遅れ破壊特性に及ぼす伸線加工率の影響 / p132 (0071.jp2)
  36. 5.4 伸線加工率の異なるPC鋼線の破壊形態 / p134 (0072.jp2)
  37. 5.5 伸線加工率の異なるPC鋼線の水素吸蔵特性 / p134 (0072.jp2)
  38. 5.6 伸線加工率が異なるPC鋼線の遅れ破壊特性に及ぼす支配因子 / p143 (0076.jp2)
  39. 5.7 結言 / p143 (0076.jp2)
  40. 参考文献 / p144 (0077.jp2)
  41. 第6章 SiおよびCa添加PC鋼棒の遅れ破壊に関する検討 / p145 (0077.jp2)
  42. 6.1 緒言 / p145 (0077.jp2)
  43. 6.2 Si添加PC鋼棒の遅れ破壊に関する検討 / p147 (0078.jp2)
  44. 6.3 Ca添加PC鋼棒の遅れ破壊に関する検討 / p158 (0084.jp2)
  45. 6.4 結言 / p189 (0099.jp2)
  46. 参考文献 / p192 (0101.jp2)
  47. 第7章 結論 / p194 (0102.jp2)
  48. 謝辞 / p201 (0105.jp2)
  49. 研究業績 / p203 (0106.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132498
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967114
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296812
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ