不法行為における損害賠償の範囲に関する一考察 : 事実的因果関係と賠償範囲との『区別』論の再検討を通じて

この論文をさがす

著者

    • 水野, 謙 ミズノ, ケン

書誌事項

タイトル

不法行為における損害賠償の範囲に関する一考察 : 事実的因果関係と賠償範囲との『区別』論の再検討を通じて

著者名

水野, 謙

著者別名

ミズノ, ケン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第4998号

学位授与年月日

1996-06-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 平井説とその後の学説に見る「区別」論 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 「区別」論に対する近時の批判説 / p4 (0008.jp2)
  5. 第3節 問題の所在と分析の視角 / p5 (0009.jp2)
  6. 第2章 英米法における「区別」論の成立過程 / p8 (0012.jp2)
  7. 第1節 はじめに / p8 (0012.jp2)
  8. 第2節 ネグリジェンス法前史――「因果関係」は、なぜ・どのように問題となったのか / p11 (0015.jp2)
  9. 第3節 被告の責任または免責を正当化するためのbut forという言明――原因の必要的競合事例 / p21 (0025.jp2)
  10. 第1款 寄与過失事例――イギリスの動き / p21 (0025.jp2)
  11. 第2款 寄与過失事例以外の原因競合事例――アメリカの動き / p31 (0035.jp2)
  12. 第4節 コモンローにおけるbut-forテストの顕在化――原因の「偶然的」介在事例 / p45 (0049.jp2)
  13. 第5節 リーガル・リアリストらの「区別」論の意義 / p62 (0066.jp2)
  14. (補論)物理的連鎖事例における帰責の在り方について / p75 (0079.jp2)
  15. 第3章 英米法における事実的因果関係概念の批判的展開 / p97 (0101.jp2)
  16. 第1節 はじめに / p97 (0101.jp2)
  17. 第2節 事実と政策との「区別」に対する批判――不作為の不法行為事例 / p98 (0102.jp2)
  18. 第3節 but-forテストの妥当性に対する批判――人間相互の「交渉」事例 / p108 (0112.jp2)
  19. (補論)個人主義的責任原理の変容と帰責の在り方について / p119 (0123.jp2)
  20. 第4節 事後的な(ex post)判断枠組みに対する批判――「因果関係」概念の意義をどこに求めるか / p125 (0129.jp2)
  21. 第4章 わが国の「区別」論・再考――賠償範囲理論の新たな構成に向けて / p137 (0141.jp2)
  22. 第1節 はじめに――前章までの要約 / p137 (0141.jp2)
  23. 第2節 わが国の学説の再検討 / p142 (0146.jp2)
  24. 第3節 わが国の判例の再検討 / p152 (0156.jp2)
  25. 第4節 結語 / p163 (0167.jp2)
  26. 引用判例 / p164 (0168.jp2)
  27. 参考文献 / p171 (0175.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134388
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973497
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298702
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ