ゾウリムシのユビキチン結合酵素遺伝子のクローニングと解析 ゾウリムシ ノ ユビキチン ケツゴウ コウソ イデンシ ノ クローニング ト カイセキ

この論文をさがす

著者

    • 岡野, 聡 オカノ, サトシ

書誌事項

タイトル

ゾウリムシのユビキチン結合酵素遺伝子のクローニングと解析

タイトル別名

ゾウリムシ ノ ユビキチン ケツゴウ コウソ イデンシ ノ クローニング ト カイセキ

著者名

岡野, 聡

著者別名

オカノ, サトシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第6054号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第06054号

博士(理学)

大阪大学

1997-03-25

13240

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p2 (0007.jp2)
  4. 第2章 ヒメゾウリムシのE2遺伝子のクローニング / p7 (0012.jp2)
  5. 2-1.材料と方法 / p7 (0012.jp2)
  6. 2-2.結果 / p10 (0015.jp2)
  7. 2-3.まとめと議論 / p20 (0025.jp2)
  8. 第3章 ゲノムDNAのサザンブロット解析 / p24 (0029.jp2)
  9. 3-1.材料と方法2耳 / p24 (0029.jp2)
  10. 3-2.結果 / p26 (0031.jp2)
  11. 3-3.まとめと議論 / p30 (0035.jp2)
  12. 第4章 ノーザンブロット解析によるUbcP1の機能の推定 / p32 (0037.jp2)
  13. 4-1.材料と方法 / p32 (0037.jp2)
  14. 4-2.結果 / p35 (0040.jp2)
  15. 4-3.まとめと議論 / p37 (0042.jp2)
  16. 第5章 総括と今後の研究の展望 / p39 (0044.jp2)
  17. 謝辞 / p42 (0047.jp2)
  18. 文献 / p43 (0048.jp2)
  19. 図と表 / p3 (0008.jp2)
  20. 図1 ユビキチン/プロテアソーム依存性蛋白質分解システム / p3 (0008.jp2)
  21. 表1 出芽酵母のE2(UBC)遺伝子群とその機能 / p4 (0009.jp2)
  22. 図2 UbcPlの塩基配列と導かれたアミノ酸配列 / p11 (0016.jp2)
  23. 図3A E2蛋白質の構造の模式図 / p13 (0018.jp2)
  24. 図3B E2の配列アライメント / p14 (0019.jp2)
  25. 図4 UbcPlpとUBC4/5タイプE2とのアライメント / p15 (0020.jp2)
  26. 図5 3種のE2のハイドロパシープロット / p16 (0021.jp2)
  27. 図6 E2ファミリーの分子系統樹(最大節約法) / p18 (0023.jp2)
  28. 図7 E2ファミリーの分子系統樹(非加重結合(UPGMA)法) / p19 (0024.jp2)
  29. 図8 ヒメゾウリムシとマルチミクロヌクレアツムゲノムDNAを用いたサザンブロット解析 / p27 (0032.jp2)
  30. 図9 出芽酵母UBC4のDNA断片をプローブとしたサザンブロット解析 / p28 (0033.jp2)
  31. 図10 カウダーツムとコーキンスイゲノムDNAを用いたサザンブロット解析 / p29 (0034.jp2)
  32. 図11 ノーザンブロット解析 / p36 (0041.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150016
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001060871
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000314330
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ