乳癌の浸潤・転移におけるウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーターシステムの活性化の意義 The Significance of the Activation of Urokinase Type Plasminogen Activator System in Breast Cancer Invasion and Metastasis ニュウガン ノ シンジュン テンイ ニオケル ウロキナーゼガタ プラスミノーゲンアクチベーターシステム ノ カッセイカ ノ イギ

この論文をさがす

著者

    • 金, 昇晋 キン, ショウシン

書誌事項

タイトル

乳癌の浸潤・転移におけるウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーターシステムの活性化の意義

タイトル別名

The Significance of the Activation of Urokinase Type Plasminogen Activator System in Breast Cancer Invasion and Metastasis

タイトル別名

ニュウガン ノ シンジュン テンイ ニオケル ウロキナーゼガタ プラスミノーゲンアクチベーターシステム ノ カッセイカ ノ イギ

著者名

金, 昇晋

著者別名

キン, ショウシン

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第7133号

学位授与年月日

1997-03-18

注記・抄録

博士論文

14401乙第07133号

博士(医学)

大阪大学

1997-03-18

12840

金昇晋, 乳癌の浸潤・転移におけるウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーターシステムの活性化の意義, 大阪大学医学雑誌, 1996, 48(6-12), pp.347-356

3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150105
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001060959
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000314419
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ