反応焼結法によるTiAl金属間化合物の高温酸化特性

この論文をさがす

著者

    • 熊谷, 正樹 クマガイ, マサキ

書誌事項

タイトル

反応焼結法によるTiAl金属間化合物の高温酸化特性

著者名

熊谷, 正樹

著者別名

クマガイ, マサキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7158号

学位授与年月日

1997-03-18

注記・抄録

博士論文

14401乙第07158号

博士(工学)

大阪大学

1997-03-18

12865

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 まえがき / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 TiAl金属間化合物の高温酸化の従来の研究と問題点 / p1 (0005.jp2)
  5. 第3節 反応焼結法の概略 / p2 (0006.jp2)
  6. 第4節 本研究の目的と本論文の構成 / p3 (0006.jp2)
  7. 参考文献 / p4 (0007.jp2)
  8. 第2章 反応焼結TiAl-Mn金属間化合物の酸化特性 / p5 (0007.jp2)
  9. 第1節 緒言 / p5 (0007.jp2)
  10. 第2節 実験方法 / p5 (0007.jp2)
  11. 第1項 供試材 / p5 (0007.jp2)
  12. 第2項 酸化試験 / p7 (0008.jp2)
  13. 第3節 結果および考察 / p8 (0009.jp2)
  14. 第1項 反応焼結材と溶製材の酸化特性の比較 / p8 (0009.jp2)
  15. 第2項 酸化皮膜の分析 / p9 (0009.jp2)
  16. 第3項 酸化温度の影響 / p16 (0013.jp2)
  17. 第4項 繰り返し酸化特性 / p18 (0014.jp2)
  18. 第5項 反応焼結材の酸化特性に及ぼす要因 / p18 (0014.jp2)
  19. 第4節 まとめ / p23 (0016.jp2)
  20. 参考文献 / p24 (0017.jp2)
  21. 第3章 TiAl-Mn金属間化合物の酸化特性に及ぼす微量元素の影響 / p25 (0017.jp2)
  22. 第1節 緒言 / p25 (0017.jp2)
  23. 第2節 実験方法 / p25 (0017.jp2)
  24. 第1項 供試材 / p25 (0017.jp2)
  25. 第2項 大気酸化試験 / p30 (0020.jp2)
  26. 第3項 塗布酸化試験 / p30 (0020.jp2)
  27. 第4項 雰囲気酸化試験 / p30 (0020.jp2)
  28. 第3節 結果および考察 / p32 (0021.jp2)
  29. 第1項 酸素、塩素、ナトリウム量の影響 / p32 (0021.jp2)
  30. 第2項 ハロゲンの影響 / p35 (0022.jp2)
  31. 第3項 酸化雰囲気中の塩素の影響 / p37 (0023.jp2)
  32. 第4節 まとめ / p39 (0024.jp2)
  33. 参考文献 / p40 (0025.jp2)
  34. 第4章 TiAl-Mn金属間化合物の耐酸化性に寄与する塩素の働き / p41 (0025.jp2)
  35. 第1節 緒言 / p41 (0025.jp2)
  36. 第2節 実験方法 / p41 (0025.jp2)
  37. 第1項 供試材 / p41 (0025.jp2)
  38. 第2項 酸化試験 / p42 (0026.jp2)
  39. 第3項 皮膜の分析方法 / p42 (0026.jp2)
  40. 第3節 結果および考察 / p46 (0028.jp2)
  41. 第1項 初期酸化皮膜の分析 / p46 (0028.jp2)
  42. 第2項 塩素の働き / p53 (0031.jp2)
  43. 第4節 まとめ / p59 (0034.jp2)
  44. 参考文献 / p60 (0035.jp2)
  45. 第5章 TiAl-Mn金属間化合物の耐酸化性に及ぼすアルミニウム量の影響 / p61 (0035.jp2)
  46. 第1節 緒言 / p61 (0035.jp2)
  47. 第2節 実験方法 / p62 (0036.jp2)
  48. 第1項 アルミニウム量の異なる供試材の作製 / p62 (0036.jp2)
  49. 第2項 酸化試験 / p66 (0038.jp2)
  50. 第3節 結果および考察 / p66 (0038.jp2)
  51. 第1項 共析温度未満でのアルミニウム量の影響 / p66 (0038.jp2)
  52. 第2項 共析温度以上でのアルミニウム量の影響 / p71 (0040.jp2)
  53. 第4節 微量塩素効果の現れる領域 / p71 (0040.jp2)
  54. 第5節 まとめ / p75 (0042.jp2)
  55. 参考文献 / p76 (0043.jp2)
  56. 第6章 反応焼結TiAl-Mn金属間化合物の耐摩耗性に及ぼす酸化処理の効果 / p77 (0043.jp2)
  57. 第1節 緒言 / p77 (0043.jp2)
  58. 第2節 実験方法 / p77 (0043.jp2)
  59. 第1項 供試材 / p77 (0043.jp2)
  60. 第2項 大気酸化処理 / p78 (0044.jp2)
  61. 第3項 摩耗試験 / p80 (0045.jp2)
  62. 第4項 引張試験 / p80 (0045.jp2)
  63. 第3節 結果および考察 / p80 (0045.jp2)
  64. 第1項 酸化皮膜の形成 / p80 (0045.jp2)
  65. 第2項 酸化処理材の耐摩耗性 / p82 (0046.jp2)
  66. 第3項 表面酸化の機械的性質に及ぼす影響 / p85 (0047.jp2)
  67. 第4節 エンジン用吸排気バルブへの適用 / p89 (0049.jp2)
  68. 第5節 まとめ / p90 (0050.jp2)
  69. 参考文献 / p91 (0050.jp2)
  70. 第7章 総括 / p92 (0051.jp2)
  71. 謝辞 / p94 (0052.jp2)
  72. 発表論文目録 / p95 (0052.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150130
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001060984
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000314444
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ