抗HIV活性を有する微生物由来のgp120-CD4結合阻害剤に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松崎, 桂一 マツザキ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

抗HIV活性を有する微生物由来のgp120-CD4結合阻害剤に関する研究

著者名

松崎, 桂一

著者別名

マツザキ, ケイイチ

学位授与大学

北里大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第822号

学位授与年月日

1997-03-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 本論 / p7 (0014.jp2)
  5. 第一章 抗HIV活性を有するgp120-CD4結合阻害剤の探索 / p8 (0015.jp2)
  6. 1.1.gp120-CD4結合阻害剤の探索 / p8 (0015.jp2)
  7. 第二章 gp120-CD4結合阻害剤isochromophilone IおよびIIについて / p9 (0016.jp2)
  8. 2.1.生産菌FO-2338株の菌学的性質 / p9 (0016.jp2)
  9. 2.2.Isochromophilone生産菌Penicillium multicolor FO-2338の培養とisochromophilone IおよびIIの単離 / p10 (0017.jp2)
  10. 2.3.Isochromophilone I、IIおよび関連物質の構造 / p12 (0019.jp2)
  11. 2.4.発酵を利用したisochromophilone誘導体の調製 / p23 (0030.jp2)
  12. 2.5.Isochromophilone IおよびIIのgp120-CD4結合阻害活性と抗HIV活性 / p31 (0038.jp2)
  13. 第三章 gp120-CD4結合阻害剤chloropeptinについて / p33 (0042.jp2)
  14. 3.1.Chloropeptin生産放線菌WK-3419株の菌学的性質について / p33 (0042.jp2)
  15. 3.2.Chloropeptin生産菌Streptomyces sp. WK-3419の培養とchloropeptinの単離 / p36 (0045.jp2)
  16. 3.3.Chloropeptinの構造決定 / p38 (0047.jp2)
  17. 3.4.酸分解と分子動力学計算によるアミノ酸の絶対配置の決定 / p48 (0059.jp2)
  18. 3.5.Chloropeptinとcomplestatinの相互変換 / p55 (0066.jp2)
  19. 3.6.Chloropeptinのgp120-CD4結合阻害活性と抗HIV活性 / p57 (0068.jp2)
  20. 考察 / p60 (0071.jp2)
  21. 実験の部 / p67 (0078.jp2)
  22. 謝辞 / p79 (0090.jp2)
  23. 参考文献 / p81 (0092.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150495
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061343
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000314809
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ