日本企業の流通行動パラダイムの変容

この論文をさがす

著者

    • 崔, 相鐵 チェ, サンチョル

書誌事項

タイトル

日本企業の流通行動パラダイムの変容

著者名

崔, 相鐵

著者別名

チェ, サンチョル

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (商学)

学位授与番号

甲第1619号

学位授与年月日

1997-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 問題提起と本研究の構成 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.問題の所在 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.本研究の目的 / p2 (0008.jp2)
  5. 3.本研究の特徴と構成 / p4 (0010.jp2)
  6. 第1章 マーケティング研究におけるパワー論の伝統と信頼論の可能性---「流通価格革命論」を端緒にして--- / p8 (0014.jp2)
  7. 第1節 流通・マーケティングにおける理論と現実 / p8 (0014.jp2)
  8. 1.日本企業のマーケティング神話の崩壊 / p8 (0014.jp2)
  9. 2.諸流通革命論の展開と昨今の「流通価格革命論」 / p9 (0015.jp2)
  10. 3.パワー還元的な理論と実践の相互作用 / p11 (0017.jp2)
  11. 第2節 マーケティングとパワー還元的社会科学 / p14 (0020.jp2)
  12. 1.歴史の終わりと闘争的人間像 / p15 (0021.jp2)
  13. 2.パワーのゼロ・サム・ゲーム的側面 / p17 (0023.jp2)
  14. 3.マーケティングと行動科学的アプローチ / p19 (0025.jp2)
  15. 第3節 マーケティングと信頼志向的社会科学 / p20 (0026.jp2)
  16. 1.対立の歴史の再演 / p20 (0026.jp2)
  17. 2.文化人類学的社会観とフィールドの知 / p21 (0027.jp2)
  18. 3.交換とパワー / p21 (0027.jp2)
  19. 4.交換と信頼 / p22 (0028.jp2)
  20. 5.マネジリアル・マーケティングのパワーと商人的マーケティングの信頼 / p23 (0029.jp2)
  21. 第4節 小結:チャネル研究に向けて / p25 (0031.jp2)
  22. 第2章 チャネル研究におけるパワー・パラダイムの展開と問題点---チャネル協調・コンフリクト観を中心に--- / p27 (0033.jp2)
  23. 第1節 交渉論とチャネル・システム論の展開:その対立性を中心に / p27 (0033.jp2)
  24. 1.アメリカのチャネル研究の特徴 / p27 (0033.jp2)
  25. 2.交渉論からのチャネル・システム論への批判 / p28 (0034.jp2)
  26. 3.チャネル・システム論からの交渉論への批判 / p30 (0036.jp2)
  27. 第2節 支配的チャネル論における協調・コンフリクト観 / p33 (0039.jp2)
  28. 1.チャネル・コンフリクトに対する考え方 / p33 (0039.jp2)
  29. 2.チャネル協調に対する考え方 / p34 (0040.jp2)
  30. 3.共通の協調・コンフリクト観の堅持 / p36 (0042.jp2)
  31. 第3節 トレード・オフ関係としての協調・コンフリクト観への批判 / p37 (0043.jp2)
  32. 1.チャネル論の行き詰まり / p37 (0043.jp2)
  33. 2.ゼロ・サム・ゲームとしての協調・コンフリクト観 / p38 (0044.jp2)
  34. 3.拡張組織論の協調観の再評価と新たな協調・コンフリクト観 / p38 (0044.jp2)
  35. 第4節 小結:協調の生成・維持・拡大のダイナミックスの究明に向けて / p39 (0045.jp2)
  36. 第3章 チャネル研究における信頼パラダイムの可能性---信頼と協調関係の動態的メカニズムの分析--- / p41 (0047.jp2)
  37. 第1節 協調・コンフリクト・信頼への基本的考え方 / p42 (0048.jp2)
  38. 第2節 チャネル協調と信頼の相互作用関係 / p43 (0049.jp2)
  39. 1.協調と信頼の定義 / p43 (0049.jp2)
  40. 2.信頼の形成プロセス / p45 (0051.jp2)
  41. 3.信頼と協調のポジティブ・サム・ゲーム的相互関係 / p47 (0053.jp2)
  42. 第3節 信頼による協調関係と従来のチャネル論とのかかわり / p48 (0054.jp2)
  43. 1.マーケティング・チャネルにおける協調行為と協調関係 / p48 (0054.jp2)
  44. 2.パワーと信頼 / p49 (0055.jp2)
  45. 3.パートナーシップと信頼 / p51 (0057.jp2)
  46. 第4節 小結 / p53 (0059.jp2)
  47. 第4章 チャネル研究におけるパワー・パラダイムと信頼パラダイムの対話 / p57 (0063.jp2)
  48. 第1節 パラダイム間の相克 / p57 (0063.jp2)
  49. 第2節 信頼の信頼性 / p58 (0064.jp2)
  50. 1.信頼は常に良きモノか / p58 (0064.jp2)
  51. 2.信頼と最後の人間 / p59 (0065.jp2)
  52. 第3節 信頼パラダイムとパワー・パラダイムの対話:スペキュレーション / p61 (0067.jp2)
  53. 1.文化としての信頼パラダイムとパワー・パラダイム / p61 (0067.jp2)
  54. 2.信頼とパワー再論 / p62 (0068.jp2)
  55. 3.パワー・パラダイムと信頼パラダイムの相互関係の類型化 / p66 (0072.jp2)
  56. 第4節 製販同盟の隆盛と「新拡張組織論」批判 / p68 (0074.jp2)
  57. 1.製販同盟の隆盛 / p68 (0074.jp2)
  58. 2.「拡張組織論」再論 / p69 (0075.jp2)
  59. 3.新拡張組織論としての製販同盟論批判 / p71 (0077.jp2)
  60. 第5節 小結 / p72 (0078.jp2)
  61. 第5章 実践理性と文化理性の対話 / p74 (0080.jp2)
  62. 第1節 消費多様化パラダイムの無力化 / p74 (0080.jp2)
  63. 第2節 使用価値は歴史的に沈澱するか、文化的に明滅するか / p75 (0081.jp2)
  64. 1.新しい消費論の台頭 / p75 (0081.jp2)
  65. 2.基本的使用価値は存在するか / p76 (0082.jp2)
  66. 3.使用価値の「歴史的沈澱」と「文化的明滅」 / p77 (0083.jp2)
  67. 第3節 実践理性的消費目的と文化理性的消費目的 / p78 (0084.jp2)
  68. 1.「人は人を食べられるか」再論 / p79 (0085.jp2)
  69. 2.人は人を食べられない:サーリンズの文化理性 / p80 (0086.jp2)
  70. 3.人は人を食べられる:ハリスの実践理性 / p81 (0087.jp2)
  71. 4.還元主義と決定主義への危惧 / p83 (0089.jp2)
  72. 第4節 文化とマーケティング / p85 (0091.jp2)
  73. 1.飛びすぎた文化理性と文化決定主義 / p85 (0091.jp2)
  74. 2.文化理性と実践理性は真に対立するか / p87 (0093.jp2)
  75. 3.マーケティングと文化 / p88 (0094.jp2)
  76. 4.商品と文化:実践理性と文化理性の対話 / p91 (0097.jp2)
  77. 第5節 小結 / p93 (0099.jp2)
  78. 第6章 K酒造の営業マン同行記:営業現場における信頼のネットワーク / p94 (0100.jp2)
  79. 第1節 営業重視の二つの考え方 / p94 (0100.jp2)
  80. 第2節 マーケティング、営業、そして信頼 / p95 (0101.jp2)
  81. 1.マーケティング的営業観と商人的営業観 / p95 (0101.jp2)
  82. 2.営業における信頼論 / p96 (0102.jp2)
  83. 第3節 営業における信頼関係の意義 / p98 (0104.jp2)
  84. 1.営業における信頼関係の形成プロセス / p98 (0104.jp2)
  85. 2.営業における信頼と協調のポジティブ・サム・ゲーム的相互関係、 / p100 (0106.jp2)
  86. 第4節 「K酒造」のベテラン営業マン同行記 / p101 (0107.jp2)
  87. 1.同行の経緯と清酒業界の概況 / p101 (0107.jp2)
  88. 2.営業における信頼の物語り / p102 (0108.jp2)
  89. 3.エピローグ / p110 (0116.jp2)
  90. 第5節 小結 / p111 (0117.jp2)
  91. 第7章 株式会社バリー・ジャパンへの参与観察 / p113 (0119.jp2)
  92. 第1節 参与観察の経緯 / p113 (0119.jp2)
  93. 第2節 バリー・ジャパンの沿革と現状 / p114 (0120.jp2)
  94. 1.バリー・ジャパンの合弁先 / p115 (0121.jp2)
  95. 2.輸入ブランド問屋の三喜商事の概要 / p115 (0121.jp2)
  96. 3.バリー・ジャパンの歴史 / p116 (0122.jp2)
  97. 4.バリー・ジャパンの現況 / p117 (0123.jp2)
  98. 5.バリー・ジャパンの組織 / p118 (0124.jp2)
  99. 6.バリー・ジャパンの戦略 / p119 (0125.jp2)
  100. 第3節 エスノグラフィー・イン・バリー・ジャパン(1):社内風景 / p121 (0127.jp2)
  101. 1.バリー・ジャパンへの入社 / p121 (0127.jp2)
  102. 2.営業第2部のスケッチ / p122 (0128.jp2)
  103. 3.営業第1部のスケッチ / p124 (0130.jp2)
  104. 4.マーケティング部の役割と営業第3部 / p125 (0131.jp2)
  105. 5.バリー・ジャパンの経営者とのインタビュー / p128 (0134.jp2)
  106. 第4節 エスノグラフィー・イン・バリー・ジャパン(2):チャネル現場の物語り / p130 (0136.jp2)
  107. 1.直営店や大手小売専門店のチャネル現場 / p130 (0136.jp2)
  108. 2.中小小売専門店のチャネル現場 / p132 (0138.jp2)
  109. 3.「'Uコレクション」の廃止の意味 / p134 (0140.jp2)
  110. 4.様々なイベントの模様 / p135 (0141.jp2)
  111. 5.コミュニケーションの隘路と営業組織の動揺 / p137 (0143.jp2)
  112. 第5節 小結:ファインディングとスペキュレーション / p140 (0146.jp2)
  113. 第8章 松下電器産業の流通系列化の変容---信頼に基づく共存共栄か絶対権力による市場支配か--- / p142 (0148.jp2)
  114. 第1節 揺れる流通系列網と松下電器産業 / p142 (0148.jp2)
  115. 第2節 松下の流通系列化政策の歴史的展開 / p143 (0149.jp2)
  116. 1.基盤整備期:創業から終戦直後まで / p144 (0150.jp2)
  117. 2.再建および初期拡大期:戦後から60年代中盤まで / p145 (0151.jp2)
  118. 3.本格的拡大期:オリンピック不況からオイル・ショック期まで / p146 (0152.jp2)
  119. 4.流通戦略転換期:70年代中盤からバブル終息期まで / p147 (0153.jp2)
  120. 5.流通革命の嵐の中の新調整期:90年代以降 / p147 (0153.jp2)
  121. 第3節 松下の流通系列システムの構成員の行動 / p148 (0154.jp2)
  122. 1.社内の営業部門と前期的系列化 / p149 (0155.jp2)
  123. 2.本格的な卸売段階の系列化 / p151 (0157.jp2)
  124. 3.本格的な小売段階の系列化 / p152 (0158.jp2)
  125. 4.量販店の台頭 / p154 (0160.jp2)
  126. 第4節 松下の流通系列化における二つの顔:共存共栄の精神か絶対権力の姿か / p155 (0161.jp2)
  127. 1.松下の系列網構築の意図:「はじめに共存共栄精神ありき」について / p156 (0162.jp2)
  128. 2.系列店の取捨選択:ムチかアメか / p158 (0164.jp2)
  129. 3.販売体制の革新:信頼回復の試み / p160 (0166.jp2)
  130. 4.松下の流通系列化によって創られた現実 / p163 (0169.jp2)
  131. 第5節 小結:松下の流通系列化の自己言及性 / p167 (0173.jp2)
  132. 結章 結論と課題 / p169 (0175.jp2)
  133. 1.パワー・パラダイム横行への憂慮 / p169 (0175.jp2)
  134. 2.本研究の意義と要約 / p169 (0175.jp2)
  135. 3.残された課題 / p171 (0177.jp2)
  136. <参考文献> / p1 (0179.jp2)
25アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150605
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061449
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000314919
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ