並列処理による組合せ最適化とLSI CADへの応用

この論文をさがす

著者

    • 小西, 健三 コニシ, ケンゾウ

書誌事項

タイトル

並列処理による組合せ最適化とLSI CADへの応用

著者名

小西, 健三

著者別名

コニシ, ケンゾウ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1670号

学位授与年月日

1997-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 2 従来技術と課題 / p8 (0013.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p8 (0013.jp2)
  5. 2.2 組合せ最適化問題 / p9 (0013.jp2)
  6. 2.3 LSI設計とLSICAD / p12 (0015.jp2)
  7. 2.4 並列処理による組合せ最適化と並列LSICAD / p15 (0016.jp2)
  8. 2.5 結言 / p18 (0018.jp2)
  9. 3 温度並列シミュレーテッド・アニーリング(SA)法の並列実装 / p20 (0019.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p20 (0019.jp2)
  11. 3.2 シミュレーテッド・アニーリング法とその理論的背景 / p21 (0019.jp2)
  12. 3.3 温度並列SA法 / p25 (0021.jp2)
  13. 3.4 温度並列SA法の共有メモリ型並列計算機上での実装 / p28 (0023.jp2)
  14. 3.5 温度並列SA法の分散メモリ型並列計算機上での実装 / p29 (0023.jp2)
  15. 3.6 非同期温度交換モデルの提案と実装 / p33 (0025.jp2)
  16. 3.7 非同期温度交換モデルの性能評価 / p35 (0026.jp2)
  17. 3.8 結言 / p36 (0027.jp2)
  18. 4 温度並列SA法の巡回セールスマン問題への適用 / p38 (0028.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p38 (0028.jp2)
  20. 4.2 巡回セールスマン問題 / p39 (0028.jp2)
  21. 4.3 温度並列SA法の巡回セールスマン問題への適用 / p41 (0029.jp2)
  22. 4.4 比較プログラムの実装 / p45 (0031.jp2)
  23. 4.5 実験 / p46 (0032.jp2)
  24. 4.6 TSPLIBの実験結果 / p49 (0033.jp2)
  25. 4.7 結言 / p52 (0035.jp2)
  26. 5 温度並列SA法のLSIブロック配置問題への適用 / p54 (0036.jp2)
  27. 5.1 緒言 / p54 (0036.jp2)
  28. 5.2 LSIレイアウト設計工程 / p55 (0036.jp2)
  29. 5.3 温度並列SA法のLSIブロック配置問題への適用 / p57 (0037.jp2)
  30. 5.4 パラメータの設定 / p62 (0040.jp2)
  31. 5.5 温度並列SA法の性能評価 / p64 (0041.jp2)
  32. 5.6 LSIブロック配置プログラムのスピードアップ / p69 (0043.jp2)
  33. 5.7 配置品質の評価 / p70 (0044.jp2)
  34. 5.8 結言 / p70 (0044.jp2)
  35. 6 並列処理による2分決定グラフの動的変数順序付け / p74 (0046.jp2)
  36. 6.1 緒言 / p74 (0046.jp2)
  37. 6.2 二分決定グラフ(BDD) / p75 (0046.jp2)
  38. 6.3 二分決定グラフと動的変数順序付け / p77 (0047.jp2)
  39. 6.4 Siftingの並列化 / p80 (0049.jp2)
  40. 6.5 性能評価 / p84 (0051.jp2)
  41. 6.6 結言 / p88 (0053.jp2)
  42. 7 BDDによるパストランジスタ論理合成用CAD / p89 (0053.jp2)
  43. 7.1 緒言 / p89 (0053.jp2)
  44. 7.2 低消費電力LSI設計とパストランジスタ論理 / p90 (0054.jp2)
  45. 7.3 パストランジスタ論理SPL / p93 (0055.jp2)
  46. 7.4 SPL用論理合成CADの提案と設計 / p95 (0056.jp2)
  47. 7.5 性能評価 / p101 (0059.jp2)
  48. 7.6 結言 / p108 (0063.jp2)
  49. 8 結論 / p110 (0064.jp2)
  50. 謝辞 / p115 (0066.jp2)
  51. 参考文献 / p117 (0067.jp2)
  52. 本研究に関する発表 / p132 (0075.jp2)
  53. A 温度並列SA法の最適解への漸近収束性の証明 / p134 (0076.jp2)
  54. B 巡回セールスマン問題を扱った研究のデータ詳細と比較プログラムの実装詳細 / p139 (0078.jp2)
  55. B.1 実験データの詳細 / p139 (0078.jp2)
  56. B.2 比較プログラムの実装詳細 / p140 (0079.jp2)
  57. C マルチワークステーションシステム / p147 (0082.jp2)
  58. D 並列オブジェクト指向言語「mosaic」 / p148 (0083.jp2)
  59. E パストランジスタSPL用論理合成システムの実験結果の詳細 / p149 (0083.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061499
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000314970
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ