N[ε]-(carboxymethyl)lysine protein adduct is a major immunological epitope in proteins modified with advanced glycation end products of the maillard reaction カルボキシメチルリジン付加体はメイラード反応後期生成物の主要エピトープである

この論文をさがす

著者

    • 池田, 和義 イケダ, カズヨシ

書誌事項

タイトル

N[ε]-(carboxymethyl)lysine protein adduct is a major immunological epitope in proteins modified with advanced glycation end products of the maillard reaction

タイトル別名

カルボキシメチルリジン付加体はメイラード反応後期生成物の主要エピトープである

著者名

池田, 和義

著者別名

イケダ, カズヨシ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1097号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150849
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061682
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315163
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ