終脳背側部の発生におけるEmx1とEmx2の機能

この論文をさがす

著者

    • 吉田, 道生 ヨシダ, ミチオ

書誌事項

タイトル

終脳背側部の発生におけるEmx1とEmx2の機能

著者名

吉田, 道生

著者別名

ヨシダ, ミチオ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1099号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0005.jp2)
  2. 謝辞 / p1 (0004.jp2)
  3. 目次 / p2 (0005.jp2)
  4. 略号 / p4 (0007.jp2)
  5. 要旨 / p6 (0009.jp2)
  6. 第1章 序論 / p8 (0011.jp2)
  7. 第2章 材料と実験方法 / p17 (0020.jp2)
  8. 1)オリゴヌクレオチドprimerの塩基配列 / p17 (0020.jp2)
  9. 2)マウス胚からのRNAの抽出 / p18 (0021.jp2)
  10. 3)RT-PCR(Reverse Transcription-Polymerase Chain Reaction)反応、及び増幅されたDNAのクローニング / p18 (0021.jp2)
  11. 4)DNAの塩基配列の決定 / p20 (0023.jp2)
  12. 5)ライブラリーのスクリーニングによるEmx1及びEmx2のcDNAとGenomic DNAの単離 / p20 (0023.jp2)
  13. 6)Emx1及びEmx2遺伝子相同組換え用plasmid vector (targeting vector)の構築 / p22 (0025.jp2)
  14. 7)胚性未分化細胞(ES細胞)へのtargeting vectorの導入と、相同組換えES細胞株の同定 / p23 (0026.jp2)
  15. 8)サザンブロット解析 / p26 (0029.jp2)
  16. 9)変異マウスの作成、及び遺伝子型の決定 / p27 (0030.jp2)
  17. 10)変異マウスの組織学的解析 / p28 (0031.jp2)
  18. 11)in situ hybridization法による遺伝子発現の解析 / p29 (0032.jp2)
  19. 第3章 結果 / p32 (0035.jp2)
  20. 1)Emx1及びEmx2遺伝子の単離 / p32 (0035.jp2)
  21. 2)ES細胞を用いた遺伝子相同組換えによるEmx1、Emx2変異マウスの作成 / p37 (0040.jp2)
  22. 3)Emx2変異マウスの表現型:腎臓形成不全 / p43 (0046.jp2)
  23. 4)新生児の大脳におけるEmx2変異マウスの異常 / p44 (0047.jp2)
  24. 5)新生児の大脳におけるEmx1変異マウスの異常 / p48 (0051.jp2)
  25. 6)Emx2変異マウスの胎児期前脳での異常の解析 / p51 (0054.jp2)
  26. 7)胎児期前脳におけるEmx1及びEmx2遺伝子の発現 / p58 (0061.jp2)
  27. 第5章 考察 / p60 (0063.jp2)
  28. 1)総論 / p60 (0063.jp2)
  29. 2)発生後期の大脳形成におけるEmx1、Emx2の機能 / p63 (0066.jp2)
  30. 3)遺伝子間の機能相補性 / p64 (0067.jp2)
  31. 4)Emx2、Emx1と前脳形態形成の分子機構 / p65 (0068.jp2)
  32. 5)前脳領域の分節性とEmx / p69 (0072.jp2)
  33. 引用文献 / p71 (0074.jp2)
  34. 発表論文目録 / p79 (0082.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150851
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061684
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315165
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ