葛根のオレアネングルクロナイドに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 荒尾, 友則 アラオ, トモノリ

書誌事項

タイトル

葛根のオレアネングルクロナイドに関する研究

著者名

荒尾, 友則

著者別名

アラオ, トモノリ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第52号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 本論 / p5 (0008.jp2)
  4. 第一章 本邦産野葛根(Puerariae lobatae Radix)のオレアネングルクロナイド / p5 (0008.jp2)
  5. 第一節 抽出,分離 / p6 (0009.jp2)
  6. 第二節 Monodesmosideの化学構造について / p7 (0009.jp2)
  7. Soyasaponin I(1),Soyasaponin A₃(2) / p7 (0009.jp2)
  8. Kudzusaponin A₂(3) / p9 (0010.jp2)
  9. Kudzusaponin A₃(6) / p11 (0011.jp2)
  10. Kudzusaponin A₄(7) / p13 (0012.jp2)
  11. Kudzusaponin A₅(8) / p14 (0013.jp2)
  12. Kudzusaponin SA₁(10) / p16 (0014.jp2)
  13. 第三節 Bisdesmosideの化学構造について / p18 (0015.jp2)
  14. Kudzusaponin SA₂(12) / p18 (0015.jp2)
  15. Kudzusaponin SA₃(13) / p22 (0017.jp2)
  16. Kudzusaponin SA₄(14) / p24 (0018.jp2)
  17. Kudzusaponin SB₁(15) / p26 (0019.jp2)
  18. Kudzusaponin C₁(17) / p29 (0020.jp2)
  19. Kudzusaponin A₁(19) / p32 (0022.jp2)
  20. 第二章 p.lobataおよび,p.thomsonii起源の葛根の成分比較 / p35 (0023.jp2)
  21. 第一節 抽出,分離 / p35 (0023.jp2)
  22. 第二節 各成分の含有量の比較 / p37 (0024.jp2)
  23. 第三節 含有オレアネングルクロナイドのHPLCプロフィール分析 / p39 (0025.jp2)
  24. 第三章 中国華南地方産粉葛根(P.thomsonii Radix)のオレアネングルクロナイド / p42 (0027.jp2)
  25. 第一節 抽出,分離 / p42 (0027.jp2)
  26. 第二節 化学構造について / p43 (0027.jp2)
  27. Soyasaponin I(1),Subproside V(21) / p43 (0027.jp2)
  28. Kudzusaponin B₁(22) / p45 (0028.jp2)
  29. Acetyl-kaikasaponin I(24) / p47 (0029.jp2)
  30. Acetyl-soyasaponin I(26) / p49 (0030.jp2)
  31. 第四章 葛根のオレアネングルクロナイドの肝障害改善作用 / p51 (0031.jp2)
  32. 第一節 初代培養ラット肝細胞の調整・培養 / p51 (0031.jp2)
  33. 第二節 初代培養ラット肝細胞に対する抗ラット肝細胞膜抗血清の影響 / p55 (0033.jp2)
  34. 第三節 抗ラット肝細胞膜抗血清による免疫学的肝障害に対する葛根のオレアネングルクロナイドの効果 / p57 (0034.jp2)
  35. 結論 / p62 (0037.jp2)
  36. 謝辞 / p67 (0039.jp2)
  37. 実験の部 / p68 (0040.jp2)
  38. 引用文献 / p93 (0052.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150862
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061695
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315176
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ