ラット肝癌細胞AH66Fの接着機序の解析とその制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 野村, 政明 ノムラ, マサアキ

書誌事項

タイトル

ラット肝癌細胞AH66Fの接着機序の解析とその制御に関する研究

著者名

野村, 政明

著者別名

ノムラ, マサアキ

学位授与大学

北陸大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第10号

学位授与年月日

1997-02-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. (論文要旨) / p1 (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 第2章 吉田ラット腹水肝癌(AH)細胞の悪性度の評価 / p4 (0011.jp2)
  5. 第1節 序論 / p4 (0011.jp2)
  6. 第2節 AH担癌ラットの生存日数 / p4 (0011.jp2)
  7. 第3節 受精鶏卵を用いた転移実験によるAH細胞の転移能の評価 / p5 (0011.jp2)
  8. 第4節 AH細胞の転移に関わる性質の検索 / p7 (0012.jp2)
  9. 第1項 初代培養ラット腸間膜中皮細胞に対するAH細胞の接着能 / p7 (0012.jp2)
  10. 第2項 マトリックスプロテアーゼ活性の測定 / p8 (0013.jp2)
  11. 第3項 運動能の測定 / p8 (0013.jp2)
  12. 第5節 考察 / p9 (0013.jp2)
  13. 第3章 AH細胞の腸間膜中皮細胞への接着機構 / p11 (0014.jp2)
  14. 第1節 序論 / p11 (0014.jp2)
  15. 第2節 接着分子の検出 / p13 (0015.jp2)
  16. 第1項 フローサイトメトリーによる検出 / p13 (0015.jp2)
  17. 第2項 ウエスタンブロッティンク法による検出 / p15 (0016.jp2)
  18. 第3項 ラットLFA-1の部分cDNAヌクレオチド配列の決定 / p16 (0017.jp2)
  19. 第3節 LFA-l/ICAM-1経路を介した接着機構 / p18 (0018.jp2)
  20. 第4節 AH細胞とM-cellの接着における腹水の効果 / p19 (0018.jp2)
  21. 第1項 腹水によるAH細胞とM-cellの接着能の変化 / p19 (0018.jp2)
  22. 第2項 LFA-1およびICAM-1の発現に対する腹水の効果 / p21 (0019.jp2)
  23. 第5節 考察 / p23 (0020.jp2)
  24. 第4章 AH細胞の接着能におけるプロテインキナーゼの関与 / p26 (0022.jp2)
  25. 第1節 序論 / p26 (0022.jp2)
  26. 第2節 AH66F細胞におけるプロテインキナーゼ阻害剤の効果 / p26 (0022.jp2)
  27. 第1項 細胞内プロテインキナーゼ活性 / p26 (0022.jp2)
  28. 第2項 プロテインキナーゼ阻害剤の細胞増殖抑制作用 / p27 (0022.jp2)
  29. 第3項 プロテインキナーゼ阻害剤による接着抑制作用 / p28 (0023.jp2)
  30. 第3節 LFA-l/ICAM-1依存性の接着に対するプロテインキナーゼ阻害剤の効果 / p31 (0024.jp2)
  31. 第4節 LFA-1の発現に対するC-キナーゼ阻害剤の効果 / p32 (0025.jp2)
  32. 第5節 考察 / p35 (0026.jp2)
  33. 第5章 C-キナーゼ阻害剤のAH66F細胞転移抑制効果 / p38 (0028.jp2)
  34. 第1節 序論 / p38 (0028.jp2)
  35. 第2節 受精鶏卵法での効果 / p38 (0028.jp2)
  36. 第3節 担癌ラットにおける効果 / p39 (0028.jp2)
  37. 第4節 プロテインキナーゼ阻害剤処置担癌ラットから採取したAH66細胞の性質 / p41 (0029.jp2)
  38. 第5節 考察 / p42 (0030.jp2)
  39. 総括 / p44 (0031.jp2)
  40. 謝 辞 / p46 (0032.jp2)
  41. 実験の部 / p47 (0032.jp2)
  42. 1.実験材料 / p47 (0032.jp2)
  43. (1)使用薬物および試薬 / p47 (0032.jp2)
  44. (2)使用動物および細胞 / p47 (0032.jp2)
  45. 2.実験方法 / p47 (0032.jp2)
  46. (1)ラット腹水肝癌細胞の悪性度の判定 / p47 (0032.jp2)
  47. (2)In vitro細胞増殖抑制実験 / p48 (0033.jp2)
  48. (3)プロテインキナーゼ活性の測定 / p48 (0033.jp2)
  49. (4)受精鶏卵を用いた転移実験 / p49 (0033.jp2)
  50. (5)In vitro接着実験 / p53 (0035.jp2)
  51. (6)フローサイトメトリーによる接着分子の解析 / p54 (0036.jp2)
  52. (7)ウエスタンプロッティング法 / p55 (0036.jp2)
  53. (8)マトリックスメタロプロテイナーゼの検出 / p55 (0036.jp2)
  54. (9)運動能の測定 / p56 (0037.jp2)
  55. (10)ラットLFA-lα鎖およびβ鎖の部分的cDNAクローニング / p56 (0037.jp2)
  56. (11)RT-PCR / p60 (0039.jp2)
  57. (12)AH66F担癌ラットにおけるプロテインキナーゼ阻害剤の効果 / p61 (0039.jp2)
  58. (13)検定法 / p61 (0039.jp2)
  59. 引用文献 / p62 (0040.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150921
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061754
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315235
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ