Involvement of increased excitatory amino acids and intracellular Ca[2+] concentration in the spinal dorsal horn in an animal model of neuropathic pain Neuropathic painにおける脊髄後角興奮性アミノ酸および細胞内カルシウムイオン濃度の検討

この論文をさがす

著者

    • 川真田, 樹人 カワマタ, ミキト

書誌事項

タイトル

Involvement of increased excitatory amino acids and intracellular Ca[2+] concentration in the spinal dorsal horn in an animal model of neuropathic pain

タイトル別名

Neuropathic painにおける脊髄後角興奮性アミノ酸および細胞内カルシウムイオン濃度の検討

著者名

川真田, 樹人

著者別名

カワマタ, ミキト

学位授与大学

札幌医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1095号

学位授与年月日

1996-12-26

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151024
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061856
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315338
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ