Isoflurane and sevoflurane produce a dose-dependent reduction in the shivering threshold in rabbits イソフルランとセボフルランは家兎のシバリング閾値を濃度依存的に減少させる

この論文をさがす

著者

    • 花形, 和之 ハナガタ, カズユキ

書誌事項

タイトル

Isoflurane and sevoflurane produce a dose-dependent reduction in the shivering threshold in rabbits

タイトル別名

イソフルランとセボフルランは家兎のシバリング閾値を濃度依存的に減少させる

著者名

花形, 和之

著者別名

ハナガタ, カズユキ

学位授与大学

山梨医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第123号

学位授与年月日

1997-06-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151039
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061871
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315353
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ