3次元表面の脳内表現に関する心理物理的研究 3ジゲン ヒョウメン ノ ノウナイ ヒョウゲン ニ カンスル シンリ ブツリテキ ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 渡邊, 洋 ワタナベ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

3次元表面の脳内表現に関する心理物理的研究

タイトル別名

3ジゲン ヒョウメン ノ ノウナイ ヒョウゲン ニ カンスル シンリ ブツリテキ ケンキュウ

著者名

渡邊, 洋

著者別名

ワタナベ, ヒロシ

学位授与大学

奈良先端科学技術大学院大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第8号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Psychophysical Approach to 3D surface representation﹡ / p4 (0005.jp2)
  2. 目次 / p7 (0006.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p2 (0011.jp2)
  5. 1.2 視覚モジュールと情報の流れ / p3 (0011.jp2)
  6. 1.3 3次元表面を表す量 / p6 (0013.jp2)
  7. 1.4 視覚システムにおける3次元構造の定量的記述 / p7 (0013.jp2)
  8. 1.5 面の表現を扱った心理物理学的研究の戦略 / p11 (0015.jp2)
  9. 1.6 本論文の構成と概要 / p12 (0016.jp2)
  10. 2 表面方向のポインティング報告:Shape from Shading / p15 (0017.jp2)
  11. 2.1 はじめに / p16 (0018.jp2)
  12. 2.2 実験1:単眼陰影画像からの表面方向の報告(1) / p20 (0020.jp2)
  13. 2.3 実験2:単眼陰影画像からの表面方向の報告(2) / p39 (0029.jp2)
  14. 2.4 実験3:視差のある陰影画像からの表面方向の報告 / p46 (0033.jp2)
  15. 2.5 実験4:外縁線を持つ単眼陰影画像からの表面方向の報告 / p52 (0036.jp2)
  16. 2.6 総合考察 / p56 (0038.jp2)
  17. 3 定量的曲率表現と運動課題 / p61 (0040.jp2)
  18. 3.1 はじめに / p62 (0041.jp2)
  19. 3.2 実験1:4方向ドローイング課題による表面曲率の報告 / p66 (0043.jp2)
  20. 3.3 実験2:16方向ドローイング課題による表面曲率の報告 / p82 (0051.jp2)
  21. 3.4 実験3:ポインティング課題による主曲率方向及び直線方向の報告 / p94 (0057.jp2)
  22. 3.5 実験4:表面曲率に関する知覚判断と運動報告の乖離 / p107 (0063.jp2)
  23. 3.6 総合考察 / p114 (0067.jp2)
  24. 4 結論 / p117 (0068.jp2)
  25. 4.1 本研究の成果 / p118 (0069.jp2)
  26. 4.2 今後の課題 / p119 (0069.jp2)
  27. 謝辞 / p123 (0071.jp2)
  28. 参考文献 / p125 (0072.jp2)
  29. 筆者研究業績 / p133 (0076.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151232
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068181
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000315546
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ