モデル気道内振動流における軸方向ガス輸送の評価

この論文をさがす

著者

    • 藤岡, 秀樹 フジオカ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

モデル気道内振動流における軸方向ガス輸送の評価

著者名

藤岡, 秀樹

著者別名

フジオカ, ヒデキ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1583号

学位授与年月日

1997-09-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 主な記号 / p1 (0016.jp2)
  4. 第1章 序論 / p3 (0018.jp2)
  5. 1.1 肺の機能 / p3 (0018.jp2)
  6. 1.2 肺の構造 / p4 (0019.jp2)
  7. 1.3 高頻度換気法(High-Frequency Ventilation;HFV) / p4 (0019.jp2)
  8. 1.4 高頻度振動換気法が有効と見られる症例 / p10 (0025.jp2)
  9. 1.5 高頻度振動換気法の問題点 / p10 (0025.jp2)
  10. 1.6 本研究の目的 / p11 (0026.jp2)
  11. 1.7 本論の構成 / p12 (0027.jp2)
  12. 第2章 直円管内振動流における軸方向ガス輸送 / p14 (0029.jp2)
  13. 2.1 緒言 / p14 (0029.jp2)
  14. 2.2 研究背景および基礎事項 / p15 (0030.jp2)
  15. 2.3 解析手法 / p21 (0036.jp2)
  16. 2.4 結果および考察 / p26 (0041.jp2)
  17. 2.5 第2章のまとめ / p38 (0053.jp2)
  18. 第3章 間欠流による軸方向輸送の改善 / p39 (0054.jp2)
  19. 3.1 緒言-軸方向輸送量改善の可能性- / p39 (0054.jp2)
  20. 3.2 軸方向輸送の改善の必要性-気道内拡散抵抗の分布- / p40 (0055.jp2)
  21. 3.3 気道内分泌物の除去のための換気波形 / p41 (0056.jp2)
  22. 3.4 解析手法 / p44 (0059.jp2)
  23. 3.5 間欠流による軸方向ガス輸送の計算結果 / p44 (0059.jp2)
  24. 3.6 いろいろな換気波形の軸方向輸送への影響 / p59 (0074.jp2)
  25. 3.7 第3章のまとめ / p70 (0085.jp2)
  26. 第4章 ガス吸収壁面をもつ管内振動流のガス輸送 / p73 (0088.jp2)
  27. 4.1 緒言 / p73 (0088.jp2)
  28. 4.2 解析手法 / p74 (0089.jp2)
  29. 4.3 結果および考察 / p79 (0094.jp2)
  30. 4.4 第4章のまとめ / p92 (0107.jp2)
  31. 第5章 ラプラス変換法によるモデル気道内振動流の有効拡散係数の測定 / p93 (0108.jp2)
  32. 5.1 緒言 / p93 (0108.jp2)
  33. 5.2 有効拡散係数の測定法 / p94 (0109.jp2)
  34. 5.3 ラプラス変換法 / p102 (0117.jp2)
  35. 5.4 ラプラス変換法の精度の検討 / p106 (0121.jp2)
  36. 5.5 実験 / p111 (0126.jp2)
  37. 5.6 第5章のまとめ / p118 (0133.jp2)
  38. 第6章 対称分岐管内振動流のガス輸送 / p120 (0135.jp2)
  39. 6.1 緒言 / p120 (0135.jp2)
  40. 6.2 発達した曲がり管内の流れおよび軸方向輸送 / p121 (0136.jp2)
  41. 6.3 解析モデルおよび計算領域 / p124 (0139.jp2)
  42. 6.4 結果および考察 / p131 (0146.jp2)
  43. 6.5 第6章のまとめ / p164 (0179.jp2)
  44. 第7章 結論 / p168 (0183.jp2)
  45. 謝辞 / p172 (0187.jp2)
  46. 参考文献 / p173 (0188.jp2)
  47. 公刊論文目録および口頭発表目録 / p178 (0193.jp2)
  48. Appendix A 任意波形振動流の層流理論解 / p183 (0198.jp2)
  49. A.1 Uchidaの解 / p183 (0198.jp2)
  50. A.2 Uchidaの解の変形 / p185 (0200.jp2)
  51. Appendix B 流れ場の解法 / p187 (0202.jp2)
  52. B.1 物体境界適合座標系 / p187 (0202.jp2)
  53. B.2 Navier-Stokes方程式の定式化 / p188 (0203.jp2)
  54. B.3 SIMPLER法への定式化 / p191 (0206.jp2)
  55. B.4 SIMPLER法の計算手順 / p198 (0213.jp2)
  56. Appendix C 格子形成法 / p200 (0215.jp2)
  57. C.1 解析的格子形成法(Analytical Grid Generation) / p200 (0215.jp2)
  58. C.2 格子の直交性 / p201 (0216.jp2)
  59. C.3 格子形成 / p201 (0216.jp2)
  60. C.4 格子調整 / p202 (0217.jp2)
  61. Appendix D 補足 / p203 (0218.jp2)
  62. D.1 本論の結果よりHFOに使用するパラメータに関する考察 / p203 (0218.jp2)
  63. D.2 有効拡散係数の定義について / p205 (0220.jp2)
  64. D.3 SIMPLER法の適用範囲について / p205 (0220.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151254
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068203
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315568
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ