南極条約体制論

この論文をさがす

著者

    • 池島, 大策 イケシマ, タイサク

書誌事項

タイトル

南極条約体制論

著者名

池島, 大策

著者別名

イケシマ, タイサク

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第3064号

学位授与年月日

1997-07-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0019.jp2)
  3. 南極条約当事国一覧 / p9 (0027.jp2)
  4. 南極条約協議国会議一覧年表 / p11 (0029.jp2)
  5. はじめに / p1 (0031.jp2)
  6. 第1部 南極条約成立までの歴史と法的状況 / p6 (0036.jp2)
  7. 第1章 南極条約成立以前の状況 / p7 (0037.jp2)
  8. 第1節 領土権主張の対立の歴史 / p7 (0037.jp2)
  9. 第2節 領土権主張の理論的根拠 / p20 (0050.jp2)
  10. 第3節 小括 / p31 (0061.jp2)
  11. 第2章 南極条約の成立 / p33 (0063.jp2)
  12. 第1節 南極の国際化へ / p33 (0063.jp2)
  13. 第2節 南極条約の締結 / p39 (0069.jp2)
  14. 第3節 小括 / p43 (0073.jp2)
  15. 第2部 南極条約の基本原則とその機構 / p46 (0076.jp2)
  16. 第1章 南極条約の基本原則 / p47 (0077.jp2)
  17. 第2章 領土権又は紛争の「凍結」の原則 / p49 (0079.jp2)
  18. 第1節 はじめに / p49 (0079.jp2)
  19. 第2節 第4条の規定の内容 / p50 (0080.jp2)
  20. 第3節 海洋法との関連 / p56 (0086.jp2)
  21. 第4節 管轄権の問題 / p60 (0090.jp2)
  22. 第5節 南極条約体制の構成要素における管轄権 / p80 (0110.jp2)
  23. 第6節 観光の規制と管轄権 / p83 (0113.jp2)
  24. 第7節 おわりに / p90 (0120.jp2)
  25. 第3章 南極の「平和的利用」の原則 / p93 (0123.jp2)
  26. 第1節 はじめに / p93 (0123.jp2)
  27. 第2節 南極条約における「平和的利用」について / p94 (0124.jp2)
  28. 第3節 南極の「非核化」 / p100 (0130.jp2)
  29. 第4節 南極条約の適用範囲をめぐって / p116 (0146.jp2)
  30. 第5節 他の条約に対する「平和的利用」の規定の影響 / p129 (0159.jp2)
  31. 第6節 おわりに / p135 (0165.jp2)
  32. 第4章 科学的調査の自由と国際協力の原則 / p137 (0167.jp2)
  33. 第1節 科学的調査の自由 / p137 (0167.jp2)
  34. 第2節 科学的調査に関する国際協力 / p140 (0170.jp2)
  35. 第3節 他の国際機関との協力 / p141 (0171.jp2)
  36. 第4節 南極における科学的調査と海洋法 / p144 (0174.jp2)
  37. 第5章 南極条約の機構的側面 / p151 (0181.jp2)
  38. 第1節 南極条約協議国会議 / p151 (0181.jp2)
  39. 第2節 合意措置及び勧告 / p158 (0188.jp2)
  40. 第3節 協議国会議参加の資格 / p161 (0191.jp2)
  41. 第4節 協議国会議への批判の克服 / p165 (0195.jp2)
  42. 第5節 事務局又は本部等の機関 / p166 (0196.jp2)
  43. 第6節 協議国会議の意義及び評価 / p167 (0197.jp2)
  44. 第3部 南極条約体制の発展 / p170 (0200.jp2)
  45. 第1章 序 / p171 (0201.jp2)
  46. 第2章 南極の動物相及び植物相の保存のための合意された措置 / p172 (0202.jp2)
  47. 第1節 経緯 / p172 (0202.jp2)
  48. 第2節 「合意措置」の概要 / p173 (0203.jp2)
  49. 第3節 「合意措置」の実施に関する問題 / p176 (0206.jp2)
  50. 第3章 南極あざらしの保存に関する条約 / p180 (0210.jp2)
  51. 第1節 経緯 / p180 (0210.jp2)
  52. 第2節 条約の概要 / p182 (0212.jp2)
  53. 第3節 小括 / p186 (0216.jp2)
  54. 第4章 南極の海洋生物資源の保存に関する条約 / p187 (0217.jp2)
  55. 第1節 経緯 / p187 (0217.jp2)
  56. 第2節 条約の概要 / p191 (0221.jp2)
  57. 第3節 若干の課題 / p201 (0231.jp2)
  58. 第4節 国連海洋法条約との関連 / p204 (0234.jp2)
  59. 第5節 結論 / p206 (0236.jp2)
  60. 第5章 南極鉱物資源レジームの成立 / p210 (0240.jp2)
  61. 第1節 序 / p210 (0240.jp2)
  62. 第2節 条約案採択に至る経緯 / p212 (0242.jp2)
  63. 第3節 鉱物資源条約の概要 / p221 (0251.jp2)
  64. 第6章 南極条約体制と環境保護 / p254 (0284.jp2)
  65. 第1節 序 / p254 (0284.jp2)
  66. 第2節 経緯 / p255 (0285.jp2)
  67. 第3節 議定書の概要 / p259 (0289.jp2)
  68. 第4節 小括 / p292 (0322.jp2)
  69. 第4部 南極条約体制の当面する課題 / p295 (0325.jp2)
  70. 第1章 南極と「人類の共同の遺産」 / p296 (0326.jp2)
  71. 第1節 はじめに / p296 (0326.jp2)
  72. 第2節 国連における南極の問題 / p296 (0326.jp2)
  73. 第3節 「人類の共同の遺産」の概念 / p301 (0331.jp2)
  74. 第4節 南極に対する「人類の共同の遺産」の概念の適用 / p318 (0348.jp2)
  75. 第5節 具体的検討 / p327 (0357.jp2)
  76. 第6節 「人類の共同の遺産」の概念の限界 / p336 (0366.jp2)
  77. 第7節 「グローバル・コモンズ」の概念の登場 / p339 (0369.jp2)
  78. 第2章 南極条約体制の第三者に対する効力 / p353 (0383.jp2)
  79. 第1節 序 / p353 (0383.jp2)
  80. 第2節 客観的レジームの概念 / p356 (0386.jp2)
  81. 第3節 南極条約の第三者に対する効力 / p367 (0397.jp2)
  82. 第4節 結論 / p386 (0416.jp2)
  83. おわりに / p389 (0419.jp2)
  84. 南極関連条約集 / p392 (0422.jp2)
  85. 文献目録 / p411 (0441.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151272
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068221
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315586
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ