内皮細胞由来過分極因子に関する研究 : 生理的意義および病態における変化

この論文をさがす

著者

    • 深尾, 充宏 フカオ, ミツヒロ

書誌事項

タイトル

内皮細胞由来過分極因子に関する研究 : 生理的意義および病態における変化

著者名

深尾, 充宏

著者別名

フカオ, ミツヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第5210号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0004.jp2)
  2. 要旨 / p7 (0005.jp2)
  3. 緒言 / p9 (0006.jp2)
  4. 目的 / p11 (0007.jp2)
  5. 方法 / p12 (0008.jp2)
  6. 血管平滑筋細胞膜電位の測定 / p12 (0008.jp2)
  7. 血管張力の測定 / p12 (0008.jp2)
  8. 糖尿病ラットの作成 / p13 (0008.jp2)
  9. 薬剤 / p13 (0008.jp2)
  10. 統計学的解析 / p14 (0009.jp2)
  11. 結果 / p15 (0009.jp2)
  12. AChによる膜電位過分極反応の一般的性質 / p15 (0009.jp2)
  13. 膜電位過分極反応とPGI₂・NO / p16 (0010.jp2)
  14. EDHFの標的イオンチャネル / p17 (0010.jp2)
  15. EDHFの産生放出機序 / p18 (0011.jp2)
  16. EDHF反応とチトクロームP450代謝産物 / p25 (0014.jp2)
  17. 実験的糖尿病ラットにおける膜電位過分極反応および血管弛緩反応 / p31 (0017.jp2)
  18. EDHF反応のリゾ体リン脂質による影響 / p37 (0020.jp2)
  19. 考案 / p43 (0023.jp2)
  20. ラット腸間膜動脈の血管弛緩反応 / p43 (0023.jp2)
  21. 膜電位過分極反応とNO・PGI₂ / p44 (0024.jp2)
  22. 物質としてのEDHF / p45 (0024.jp2)
  23. EDHFの本体 / p46 (0025.jp2)
  24. EDHFの放出メカニズム / p48 (0026.jp2)
  25. EDHFの標的イオンチャネル / p50 (0027.jp2)
  26. EDHFの生理的意義 / p51 (0027.jp2)
  27. EDHFの病態における変化 / p52 (0028.jp2)
  28. 結論 / p56 (0030.jp2)
  29. 謝辞 / p57 (0030.jp2)
  30. 参考文献 / p58 (0031.jp2)
  31. 付録 / p73 (0038.jp2)
  32. 論文 I / p987 (0039.jp2)
  33. 論文 II / p1541 (0042.jp2)
  34. 論文 III / p479 (0044.jp2)
  35. 論文 IV / p263 (0047.jp2)
  36. 論文 V / p439 (0051.jp2)
  37. 論文 VI / p1328 (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151480
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068425
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315794
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ