線形ハイパーパッチによる三次元形状モデル表現と型加工システムの開発

この論文をさがす

著者

    • 近藤, 幹夫 コンドウ, モトオ

書誌事項

タイトル

線形ハイパーパッチによる三次元形状モデル表現と型加工システムの開発

著者名

近藤, 幹夫

著者別名

コンドウ, モトオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5223号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の必要性と目的 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 開発の背景 / p3 (0010.jp2)
  5. 1.3 展開プロセスの形態 / p3 (0010.jp2)
  6. 1.4 型製作上の特徴 / p5 (0012.jp2)
  7. 1.5 金型製作におけるCAD/CAMの現状 / p9 (0016.jp2)
  8. 1.6 CAD/CAMシステムのシステム化とその要件 / p14 (0021.jp2)
  9. 1.7 本研究の成果と概要 / p16 (0023.jp2)
  10. 参考文献 / p22 (0029.jp2)
  11. 第2章 圧型用加工システムの課題 / p24 (0031.jp2)
  12. 2.1 緒論 / p24 (0031.jp2)
  13. 2.2 圧型の形状特性 / p24 (0031.jp2)
  14. 2.3 圧型用数値モデル / p31 (0038.jp2)
  15. 2.4 型への転写 / p40 (0047.jp2)
  16. 2.5 変更への対応 / p41 (0048.jp2)
  17. 2.6 総括と結論 / p45 (0052.jp2)
  18. 参考文献 / p46 (0053.jp2)
  19. 第3章 線形ハイパーパッチによる形状モデリング / p47 (0054.jp2)
  20. 3.1 緒論 / p47 (0054.jp2)
  21. 3.2 基本概念 / p47 (0054.jp2)
  22. 3.3 型モデル / p48 (0055.jp2)
  23. 3.4 線形ハイパーパッチモデル / p49 (0056.jp2)
  24. 3.5 鞘(Sheath)モデル / p54 (0061.jp2)
  25. 3.6 線形ハイパーパッチモデルの数式表現 / p56 (0063.jp2)
  26. 3.7 総括と結論 / p63 (0070.jp2)
  27. 参考文献 / p63 (0070.jp2)
  28. 第4章 DIMOSにおけるモデルの創成 / p64 (0071.jp2)
  29. 4.1 緒論 / p64 (0071.jp2)
  30. 4.2 加工モデルの創成工程 / p64 (0071.jp2)
  31. 4.3 形状部のモデル創成方式 / p65 (0072.jp2)
  32. 4.4 曲面モデルからの創成 / p65 (0072.jp2)
  33. 4.5 デジタイジングデータ(点群)からのモデル創成 / p70 (0077.jp2)
  34. 4.6 集合演算の方式 / p85 (0092.jp2)
  35. 4.7 粗材モデル / p86 (0093.jp2)
  36. 4.8 加工モデル / p87 (0094.jp2)
  37. 4.9 ミニ・マックス順列法による干渉チェック / p88 (0095.jp2)
  38. 4.10 総括と結論 / p100 (0107.jp2)
  39. 参考文献 / p101 (0108.jp2)
  40. 第5章 線形ハイパーパッチモデルを適用した型加工システム(DIMOS) / p102 (0109.jp2)
  41. 5.1 緒論 / p102 (0109.jp2)
  42. 5.2 工具経路と工具形状 / p103 (0110.jp2)
  43. 5.3 工具経路の生成方法 / p113 (0120.jp2)
  44. 5.4 DIMOSにおける工具経路生成 / p126 (0133.jp2)
  45. 5.5 額面加工 / p138 (0145.jp2)
  46. 5.6 総括と結論 / p145 (0152.jp2)
  47. 参考文献 / p146 (0153.jp2)
  48. 第6章 線形バイパーパッチモデルによる型加工システムの実装と効果および評価 / p147 (0154.jp2)
  49. 6.1 緒論 / p147 (0154.jp2)
  50. 6.2 主要事項の実務適応能力評価 / p147 (0154.jp2)
  51. 6.3 システム構成 / p156 (0163.jp2)
  52. 6.4 型仕上げの評価 / p176 (0183.jp2)
  53. 6.5 総括と結論 / p183 (0190.jp2)
  54. 参考文献 / p183 (0190.jp2)
  55. 第7章 結論 / p184 (0191.jp2)
  56. 7.1 本研究での成果 / p184 (0191.jp2)
  57. 7.2 今後の課題 / p187 (0194.jp2)
  58. 参考文献 / p188 (0195.jp2)
  59. 謝辞 / p189 (0196.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151493
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068438
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315807
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ