コンカナバリンAにより誘導されるT細胞依存性マウス肝障害の発症機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 水原, 日出一 ミズハラ, ヒデカズ

書誌事項

タイトル

コンカナバリンAにより誘導されるT細胞依存性マウス肝障害の発症機構に関する研究

著者名

水原, 日出一

著者別名

ミズハラ, ヒデカズ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第9688号

学位授与年月日

1997-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 コンカナバリンAによるin vivo T細胞活性化と選択的肝障害の誘導 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.緒言 / p3 (0007.jp2)
  6. 2.実験方法 / p3 (0007.jp2)
  7. 3.実験結果 / p5 (0008.jp2)
  8. 4.考察 / p11 (0011.jp2)
  9. 第二章 コンカナバリンA誘発肝炎発症におけるサイトカインの役割 / p13 (0012.jp2)
  10. 1.緒言 / p13 (0012.jp2)
  11. 2.実験方法 / p13 (0012.jp2)
  12. 3.実験結果 / p15 (0013.jp2)
  13. 4.考察 / p19 (0015.jp2)
  14. 第三章 コンカナバリンA誘発肝炎に対するマウス系統間での感受性の差異:BALB/cマウス、C57BL/6マウスを用いた検討 / p24 (0018.jp2)
  15. 1.緒言 / p24 (0018.jp2)
  16. 2.実験方法 / p24 (0018.jp2)
  17. 3.実験結果 / p26 (0019.jp2)
  18. 4.考察 / p33 (0022.jp2)
  19. 第四章 コンカナバリンA誘発肝炎に対するインターロイキン6の抑制効果 / p35 (0023.jp2)
  20. 1.緒言 / p35 (0023.jp2)
  21. 2.実験方法 / p35 (0023.jp2)
  22. 3.実験結果 / p36 (0024.jp2)
  23. 4.考察 / p43 (0027.jp2)
  24. 総括 / p45 (0028.jp2)
  25. 引用文献 / p47 (0029.jp2)
  26. 謝辞 / p56 (0034.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151579
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068524
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315893
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ