3連型多面シールド工法の実用化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高崎, 肇 タカサキ, ハジメ

書誌事項

タイトル

3連型多面シールド工法の実用化に関する研究

著者名

高崎, 肇

著者別名

タカサキ, ハジメ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第9690号

学位授与年月日

1997-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 最近のシールドトンネル技術の動向 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 大阪市地下鉄におけるシールド工法の発展系譜 / p4 (0010.jp2)
  6. 1.3 研究の目的 / p8 (0012.jp2)
  7. 1.4 本論文の概要と構成 / p9 (0012.jp2)
  8. 参考文献 / p11 (0013.jp2)
  9. 第2章 3連型多面シールド工法を適用した地下鉄道シールドトンネル駅 / p13 (0014.jp2)
  10. 2.1 概説 / p13 (0014.jp2)
  11. 2.2 3連型多面シールド工法 / p14 (0015.jp2)
  12. 2.3 新しいシールドトンネル駅 / p24 (0020.jp2)
  13. 2.4 結論 / p32 (0024.jp2)
  14. 参考文献 / p32 (0024.jp2)
  15. 第3章 3連型多面シールド工法の開発と実用化のための実験 / p35 (0025.jp2)
  16. 3.1 概説 / p35 (0025.jp2)
  17. 3.2 泥水制御実験 / p35 (0025.jp2)
  18. 3.3 エントランスパッキングによる止水実験 / p40 (0028.jp2)
  19. 3.4 同時裏込め注入実験 / p44 (0030.jp2)
  20. 3.5 結論 / p53 (0034.jp2)
  21. 参考文献 / p54 (0035.jp2)
  22. 第4章 3連型多面シールド機の開発 / p55 (0035.jp2)
  23. 4.1 概説 / p55 (0035.jp2)
  24. 4.2 3連型多面シールド機の設計 / p56 (0036.jp2)
  25. 4.3 3連型多面シールド機の適用結果とその考察 / p67 (0041.jp2)
  26. 4.4 結論 / p73 (0044.jp2)
  27. 参考文献 / p73 (0044.jp2)
  28. 第5章 3連型多面シールドトンネルの構造設計法 / p74 (0045.jp2)
  29. 5.1 概説 / p74 (0045.jp2)
  30. 5.2 構造ならびに設計の基本的な考え / p75 (0045.jp2)
  31. 5.3. 3連型多面シールドトンネルの構造特性 / p81 (0048.jp2)
  32. 5.4 セグメント構造試験による構造計算法の検証と評価 / p102 (0059.jp2)
  33. 5.5 現場計測結果と設計への反映 / p118 (0067.jp2)
  34. 5.6 結論 / p127 (0071.jp2)
  35. 参考文献 / p129 (0072.jp2)
  36. 第6章 柱の受替えと縦桁の構築 / p131 (0073.jp2)
  37. 6.1 概説 / p131 (0073.jp2)
  38. 6.2 柱の受替え / p131 (0073.jp2)
  39. 6.3 高流動コンクリートの上縦桁への適用 / p156 (0086.jp2)
  40. 6.4 結論 / p160 (0088.jp2)
  41. 参考文献 / p161 (0088.jp2)
  42. 第7章 3連型多面シールド工法の適用における地山安定対策 / p163 (0089.jp2)
  43. 7.1 概説 / p163 (0089.jp2)
  44. 7.2 崩壊性地山の掘削と切羽安定 / p164 (0090.jp2)
  45. 7.3 裏込め注入工とその評価 / p174 (0095.jp2)
  46. 7.4 3連型多面シールド掘削に伴う周辺の地盤変状 / p183 (0099.jp2)
  47. 7.5 超近接交差する重要構造物への影響 / p195 (0105.jp2)
  48. 7.6 結論 / p206 (0111.jp2)
  49. 参考文献 / p208 (0112.jp2)
  50. 第8章 3連型多面シールド機の姿勢制御の理論と施工への適用 / p210 (0113.jp2)
  51. 8.1 概説 / p210 (0113.jp2)
  52. 8.2 単円形および2連型多面シールド機の姿勢変化の機構と特性 / p211 (0113.jp2)
  53. 8.3 3連型多面シールド機の姿勢制御法 / p214 (0115.jp2)
  54. 8.4 室内実験による姿勢変化特性 / p218 (0117.jp2)
  55. 8.5 実証実験による姿勢変化特性 / p223 (0119.jp2)
  56. 8.6 施工への姿勢制御法の適用と姿勢データの解析 / p230 (0123.jp2)
  57. 8.7 結論 / p238 (0127.jp2)
  58. 参考文献 / p240 (0128.jp2)
  59. 第9章 結論 / p242 (0129.jp2)
  60. 謝辞 / p248 (0132.jp2)
  61. 付属資料 / p249 (0132.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151581
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068526
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315895
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ