薬物電極の開発 : 主に裁判化学への応用を目指して

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 清之 ワタナベ, キヨユキ

書誌事項

タイトル

薬物電極の開発 : 主に裁判化学への応用を目指して

著者名

渡辺, 清之

著者別名

ワタナベ, キヨユキ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第3160号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 イオン電極による分析の原理および装置の作製 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.1 試薬 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.2 膜電位 / p5 (0008.jp2)
  6. 1.3 検量線 / p7 (0010.jp2)
  7. 1.4 選択係数の測定 / p7 (0010.jp2)
  8. 1.5 センサー膜並びにイオン電極の作製 / p9 (0012.jp2)
  9. 1.6 参照電極 / p10 (0013.jp2)
  10. 1.7 高入力インピーダンス電圧計 / p12 (0015.jp2)
  11. 第2章 農薬パラコートに応答する電極について / p13 (0016.jp2)
  12. 2.1 緒言 / p13 (0016.jp2)
  13. 2.2 イオン交換体の効果 / p14 (0017.jp2)
  14. 2.3 膜溶媒の効果 / p17 (0020.jp2)
  15. 2.4 pHの影響 / p19 (0022.jp2)
  16. 2.5 裁判化学への応用 / p20 (0023.jp2)
  17. 2.6 血液、尿中のパラコート分析 / p23 (0026.jp2)
  18. 第3章 乱用薬物に応答する電極について / p26 (0029.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p26 (0029.jp2)
  20. 3.2 覚せい剤について / p26 (0029.jp2)
  21. 3.3 メタンフェタミン電極の作製 / p28 (0031.jp2)
  22. 3.4 アンフェタミン電極の作製 / p34 (0037.jp2)
  23. 3.5 メタンフェタミン電極とアンフェタミン電極の比較 / p39 (0042.jp2)
  24. 3.6 コカインについて / p42 (0045.jp2)
  25. 3.7 コカイン電極の作製 / p42 (0045.jp2)
  26. 3.8 医薬品に含まれるコカインの定量 / p47 (0050.jp2)
  27. 3.9 簡易型コカイン電極の作製 / p50 (0053.jp2)
  28. 第4章 フェニルピルビン酸に応答する電極について / p53 (0056.jp2)
  29. 4.1 緒言 / p53 (0056.jp2)
  30. 4.2 実験 / p55 (0058.jp2)
  31. 4.3 結果と考察 / p55 (0058.jp2)
  32. 結論 / p61 (0064.jp2)
  33. 参考文献 / p64 (0067.jp2)
  34. 謝辞 / p69 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151640
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068583
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000315954
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ