有機系ドーパント剤を含有したポリピロール膜のイオン移動挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大浦, 靖 オオウラ, ヤスシ

書誌事項

タイトル

有機系ドーパント剤を含有したポリピロール膜のイオン移動挙動に関する研究

著者名

大浦, 靖

著者別名

オオウラ, ヤスシ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

博工甲第165号

学位授与年月日

1997-06-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 電解重合導電性高分子 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 ポリピロールのキャパシタ材料への応用 / p3 (0009.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.4 参考文献 / p5 (0011.jp2)
  7. 第2章 界面活性剤複合膜 / (0026.jp2)
  8. 2.1 序 / p20 (0027.jp2)
  9. 2.2 実験 / p20 (0027.jp2)
  10. 2.3 結果およひ考察 / p20 (0027.jp2)
  11. 2.4 要約 / p25 (0032.jp2)
  12. 2.5 参考文献 / p26 (0033.jp2)
  13. 第3章 ナフタレンスルホン酸含有膜とその電気化学キャパシタ材料としての特性 / (0059.jp2)
  14. 3.1 序 / p52 (0060.jp2)
  15. 3.2 実験 / p52 (0060.jp2)
  16. 3.3 結果および考察 / p55 (0063.jp2)
  17. 3.4 要約 / p59 (0067.jp2)
  18. 3.5 参考文献 / p59 (0067.jp2)
  19. 第4章 ポリピロール/酸化アルミニウム誘電体皮膜の生成とそのコンデンサ特性 / (0088.jp2)
  20. 4.1 序 / p80 (0089.jp2)
  21. 4.2 アルミニウムの陽極酸化の水晶振動子マイクロバランス法によるin situ 観察 / p80 (0089.jp2)
  22. 4.3 ポリピロールと酸化アルミニウムの同時生成 / p86 (0095.jp2)
  23. 4.4 要約 / p94 (0103.jp2)
  24. 4.5 参考文献 / p95 (0104.jp2)
  25. 第5章 まとめ / (0138.jp2)
  26. 発表論文リスト / p131 (0141.jp2)
  27. 謝辞 / (0143.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151660
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068603
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315974
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ