材料界面のミクロ・モルフォロジーの解析とリサイクル材料に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 七沢, 淳 ナナサワ, アツシ

書誌事項

タイトル

材料界面のミクロ・モルフォロジーの解析とリサイクル材料に関する研究

著者名

七沢, 淳

著者別名

ナナサワ, アツシ

学位授与大学

芝浦工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. ■INDEX■ / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 研究の背景とテーマの設定 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1節 序文 / p1 (0004.jp2)
  4. 第2節 テーマ設定の背景(調査結果) / p2 (0005.jp2)
  5. 1-2-1 社会の関心 / p2 (0005.jp2)
  6. 1-2-2 廃棄物処理に関する今までの研究 / p5 (0006.jp2)
  7. 1-2-3 廃棄物処理に要する費用の現状 / p10 (0009.jp2)
  8. 1-2-4 一般廃棄物の構成 / p14 (0011.jp2)
  9. 1-2-5 紙のリサイクリングの現状 / p16 (0012.jp2)
  10. 第3節 古紙を用いた材料の可能性 / p18 (0013.jp2)
  11. 1-3-1 セルロース資源 / p18 (0013.jp2)
  12. 1-3-2 セルロース系複合材料の既存技術 / p24 (0016.jp2)
  13. 1-3-3 回収古紙を原料としたリサイクル材料の概念 / p26 (0017.jp2)
  14. 1-3-4 技術開発課題 / p32 (0020.jp2)
  15. 第2章 乳化重合による高分子ラテックスの合成 / p35 (0021.jp2)
  16. 第1節 序文 / p35 (0021.jp2)
  17. 第2節 理論 / p36 (0022.jp2)
  18. 第3節 粒子凝集法によるポリブタジエンラテックスの乳化重合 / p41 (0024.jp2)
  19. 2-3-1 研究の進め方とその背景 / p41 (0024.jp2)
  20. 2-3-2 重合系の概要 / p45 (0026.jp2)
  21. 2-3-3 重合の動力学モデル / p48 (0028.jp2)
  22. 2-3-4 粒子径の異なるPBD粒子の合成 / p65 (0036.jp2)
  23. 2-3-5 まとめ / p75 (0041.jp2)
  24. 第4節 ラテックス粒子表面のグラフト重合 / p79 (0043.jp2)
  25. 2-4-1 グラフト重合の基礎 / p79 (0043.jp2)
  26. 2-4-2 乳化重合粒子の安定性 / p93 (0050.jp2)
  27. 2-4-3 ラテックス粒子表面被覆とグラフト形成 / p97 (0052.jp2)
  28. 2-4-4 連続相界面相のグラフト率最適値 / p106 (0057.jp2)
  29. 2-4-5 グラフト率と非グラフトAS共重合体分子量の独白制御 / p111 (0059.jp2)
  30. 2-4-6 まとめ / p117 (0062.jp2)
  31. 第5節 超微粒子からなるラテックスの合成 / p118 (0063.jp2)
  32. 2-5-1 合成の目的 / p118 (0063.jp2)
  33. 2-5-2 微小粒子ラテックス合成の方法 / p123 (0065.jp2)
  34. 2-5-3 合成実験 / p125 (0066.jp2)
  35. 2-5-4 まとめ / p133 (0070.jp2)
  36. 第3章 補強型有機複合材料 / p135 (0071.jp2)
  37. 第1節 序文 / p135 (0071.jp2)
  38. 第2節 補強型有機複合材料一般知識 / p137 (0072.jp2)
  39. 3-2-1 構造、用途、製造方法 / p137 (0072.jp2)
  40. 3-2-2 有機材料の破壊に関する一般知識 / p143 (0075.jp2)
  41. 3-2-3 有機高分子材料の加工性に関する従来の知見 / p154 (0081.jp2)
  42. 3-2-4 物理的性質の測定方法 / p159 (0083.jp2)
  43. 第3節 ABS樹脂の一般的性質 / p168 (0088.jp2)
  44. 3-3-1 補強剤量と機械特性 / p168 (0088.jp2)
  45. 3-3-2 連続相分子量と機械特性 / p174 (0091.jp2)
  46. 3-3-3 界面間のグラフトAS共重体 / p177 (0092.jp2)
  47. 3-3-4 PBD粒子径の効果 / p177 (0092.jp2)
  48. 3-3-5 PBD粒子の架橋度の効果 / p181 (0094.jp2)
  49. 3-3-6 PBD粒子に残量するモノマー / p194 (0101.jp2)
  50. 第4節 小粒子凝集型ABS樹脂 / p202 (0105.jp2)
  51. 3-4-1 グラフト率と凝集挙動 / p202 (0105.jp2)
  52. 3-4-2 凝集PBDを補強剤とするABS樹脂物性 / p210 (0109.jp2)
  53. 3-4-3 AS樹脂の分子量の耐薬品性に与える効果 / p214 (0111.jp2)
  54. 3-4-4 回分重合と連続重合の比較 / p221 (0114.jp2)
  55. 第5節 高極性AS共重合体を連続相とするABS樹脂 / p228 (0118.jp2)
  56. 3-5-1 非アゼオ組成の意味 / p228 (0118.jp2)
  57. 3-5-2 非強化型高極性AS共重合体の特性 / p231 (0119.jp2)
  58. 3-5-3 補強型高極性有機複合材料 / p240 (0124.jp2)
  59. 第6節 低極性補強型有機複合材料とPMMAアロイ / p259 (0133.jp2)
  60. 3-6-1 研究の目的 / p259 (0133.jp2)
  61. 3-6-2 透明化の原理と従来技術 / p260 (0134.jp2)
  62. 3-6-3 組成分布の検討 / p266 (0137.jp2)
  63. 3-6-4 グラフト鎖の検討 / p269 (0138.jp2)
  64. 第4章 乳化破壊操作とABS樹脂の熱安定性 / p275 (0141.jp2)
  65. 第1節 序文 / p275 (0141.jp2)
  66. 第2節 塩析 / p276 (0142.jp2)
  67. 第3節 ABS樹脂の熱安定性 / p281 (0144.jp2)
  68. 4-3-1 樹脂の熱劣化に関する従来の知見 / p281 (0144.jp2)
  69. 4-3-2 ABS樹脂の酸化劣化に関する因子 / p282 (0145.jp2)
  70. 第5章 結論 / p292 (0150.jp2)
  71. 謝辞 / p304 (0156.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151675
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068618
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315989
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ