シリンジ型オフラインミニカラムの開発と生体試料分析への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 河野, 行満 コウノ, ユキミツ

書誌事項

タイトル

シリンジ型オフラインミニカラムの開発と生体試料分析への応用に関する研究

著者名

河野, 行満

著者別名

コウノ, ユキミツ

学位授与大学

東京薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第173号

学位授与年月日

1997-07-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 博士学位論文要旨 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 シリンジ型オフラインミニカラム(エキストラショット)の作製 / p3 (0008.jp2)
  5. 第1節 研究の背景と目的 / p3 (0008.jp2)
  6. 第2節 順相型エキストラショットの開発と使い方 / p4 (0009.jp2)
  7. 2-1 順相型エキストラショットの原理 / p4 (0009.jp2)
  8. 2-2 順相型エキストラショットの設計と試作 / p4 (0009.jp2)
  9. 2-3 順相型エキストラショットの使用法 / p7 (0010.jp2)
  10. 第3節 逆相型エキストラショットの開発と使い方 / p11 (0012.jp2)
  11. 3-1 逆相型エキストラショットの原理 / p11 (0012.jp2)
  12. 3-2 逆相型エキストラショットの設計と試作 / p11 (0012.jp2)
  13. 3-3 逆相型エキストラショットの使用法 / p11 (0012.jp2)
  14. 第4節 接続するHPLCの条件 / p12 (0013.jp2)
  15. 4-1 移動層溶媒の最適化 / p12 (0013.jp2)
  16. 4-2 インジェクターサンプルループの容積 / p14 (0014.jp2)
  17. 第5節 考察 / p14 (0014.jp2)
  18. 第2章 生体試料分析への応用 / p17 (0015.jp2)
  19. 第1節 研究の背景 / p17 (0015.jp2)
  20. 第2節 キサンチン誘導体の分離分析 / p17 (0015.jp2)
  21. 2-1 研究の目的 / p17 (0015.jp2)
  22. 2-2 分離分析法の確立 / p18 (0016.jp2)
  23. 2-3 考察 / p23 (0018.jp2)
  24. 第3節 抗てんかん薬の分離分析 / p25 (0019.jp2)
  25. 3-1 研究の目的 / p25 (0019.jp2)
  26. 3-2 分離分析法の確立 / p25 (0019.jp2)
  27. 3-3 考察 / p38 (0026.jp2)
  28. 第4節 動物実験への応用 ―易揮発性メチルピラチン類の分離分析― / p38 (0026.jp2)
  29. 4-1 研究の目的 / p38 (0026.jp2)
  30. 4-2 分離分析法の確立 / p39 (0026.jp2)
  31. 4-3 ラットにおける薬物動態の解析 / p47 (0030.jp2)
  32. 4-4 考察 / p51 (0032.jp2)
  33. 第5節 ステロイドの分離分析 / p51 (0032.jp2)
  34. 5-1 研究の目的 / p51 (0032.jp2)
  35. 5-2 分離分析法の確立 / p52 (0033.jp2)
  36. 5-3 考察 / p57 (0035.jp2)
  37. 総括 / p60 (0037.jp2)
  38. 謝辞 / p62 (0038.jp2)
  39. 引用文献 / p63 (0038.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151692
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068635
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316006
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ