ドパミン受容体遮断作用を有するpyrrolidinyl-benzamide誘導体の薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 臼田, 眞治 ウスダ, シンジ

書誌事項

タイトル

ドパミン受容体遮断作用を有するpyrrolidinyl-benzamide誘導体の薬理学的研究

著者名

臼田, 眞治

著者別名

ウスダ, シンジ

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第500号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一章 Benzamide誘導体のドパミン受容体遮断作用及びその構造活性相関 / p5 (0008.jp2)
  4. 第一節 ラットにおけるapomorphine誘発常同行動に対する抑制作用 / p5 (0008.jp2)
  5. 第二節 マウスにおけるカタレプシー誘発作用 / p11 (0011.jp2)
  6. 第三節 ラットの側脳室内へ投与した時のapomorphine誘発常同行動抑制作用及びカタレプシー誘発作用 / p15 (0013.jp2)
  7. 第四節 ラットにおける弁別条件回避抑討作用の持続性 / p18 (0015.jp2)
  8. 第五節 考察及び小括 / p21 (0016.jp2)
  9. 第二章 中枢神経刺激薬の単回投与により誘発される行動変化に対するnemonaprideの抑制作用 / p23 (0017.jp2)
  10. 第一節 Methamphetamine単回投与により誘発されるラット常同行動に対する抑制作用 / p23 (0017.jp2)
  11. 第二節 Methamphetamine単回投与により誘発されるマウスの運動亢進に対する抑制作用 / p27 (0019.jp2)
  12. 第三節 Apomorphine単回投与により誘発されるラット常同行動に対する抑制作用 / p30 (0021.jp2)
  13. 第四節 Apomorphine単回投与により誘発されるイヌの嘔吐反応に対する抑制作用 / p33 (0022.jp2)
  14. 第五節 NMDA受容体遮断薬、eticyclidine単回投与により誘発されるマウスの運動亢進に対する抑制作用 / p35 (0023.jp2)
  15. 第六節 考察及び小括 / p38 (0025.jp2)
  16. 第三章 中枢刺激薬の反復投与による過感受性行動変化(逆耐性)に及ぼすnemonaprideの影響 / p39 (0025.jp2)
  17. 第一節 Methamphetamine反復投与がラット常同行動反応性に及ぼす影響 / p39 (0025.jp2)
  18. 第二節 Methamphetamine逆耐性ラットにおける常同行動に対する抑制作用 / p42 (0027.jp2)
  19. 第三節 Methamphetamine及びNMDA拮抗薬のMK801の反復投与がマウス自発運動亢進作用に及ぼす影響 / p46 (0029.jp2)
  20. 第四節 Methamphetamine逆耐性マウスにおけるmetham-phetamine、MK801及びeticyclidine誘発自発運動亢進に対する仰制作用 / p51 (0031.jp2)
  21. 第五節 考察及び小括 / p54 (0033.jp2)
  22. 第四章 Nemonaprideの行動薬理作用 / p56 (0034.jp2)
  23. 第一節 ラットの弁別条件回避行動に対する作用 / p56 (0034.jp2)
  24. 第二節 ラットのシドマン型条件回避行動に対する抑制作用 / p64 (0038.jp2)
  25. 第三節 ラットの自己刺激行動に対する作用 / p68 (0040.jp2)
  26. 第四節 ラットの自発運動に対するする作用 / p73 (0042.jp2)
  27. 第五節 ネコ及びラットにおける力タレプシー誘発作用 / p76 (0044.jp2)
  28. 第六節 考察及び小括 / p79 (0045.jp2)
  29. 第五章 Nemonaprideのドパミン受容休サブタイプに対する選択性 / p80 (0046.jp2)
  30. 第一節 ドパミン感受性アデニレートサイクレース活性のへ影響 / p81 (0046.jp2)
  31. 第二節 片側黒質一線条体ドパミン神経破壊ラットにおけるD₁及びD₂受容休刺激薬により誘発される回転行動に対する影響 / p87 (0049.jp2)
  32. 第三節 Quinpiroleによるマウス自発運動抑制に対する影響 / p93 (0052.jp2)
  33. 第四節 Apomorphine誘発マウスの体温低下に対する拮抗作用 / p97 (0054.jp2)
  34. 第五節 考察及び小括 / p99 (0055.jp2)
  35. 総括 / p101 (0056.jp2)
  36. 謝辞 / p103 (0057.jp2)
  37. 使用薬物 / p104 (0058.jp2)
  38. 統計解析法 / p104 (0058.jp2)
  39. 引用文献 / p105 (0058.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151739
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068682
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316053
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ