遺伝子工学的手法によるハイブリッド・マクロライド抗生物質生産放線菌の育種

この論文をさがす

著者

    • 有澤, 章 アリサワ, アキラ

書誌事項

タイトル

遺伝子工学的手法によるハイブリッド・マクロライド抗生物質生産放線菌の育種

著者名

有澤, 章

著者別名

アリサワ, アキラ

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第512号

学位授与年月日

1996-11-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語・遺伝子名一覧 / p1 (0008.jp2)
  3. 緒言 / p3 (0010.jp2)
  4. 第1章 マクロライド抗生物質4″位アシル化に関与する遺伝子のクローニング / p10 (0017.jp2)
  5. 序論 / p10 (0017.jp2)
  6. 第1節 実験材料と方法 / p12 (0019.jp2)
  7. 1.菌株および培養条件 / p12 (0019.jp2)
  8. 2.プラスミドおよび試薬類 / p12 (0019.jp2)
  9. 3.クローニング方法 / p12 (0019.jp2)
  10. 4.TLCによるマクロライド抗生物質のアシル化の確認 / p13 (0020.jp2)
  11. 5.遺伝子のサブクローニング / p13 (0020.jp2)
  12. 6.発現アッセイ / p15 (0022.jp2)
  13. 7.塩基配列の解析 / p15 (0022.jp2)
  14. 8.サザンブロット解析 / p16 (0023.jp2)
  15. 第2節 マクロライド抗生物質の4″位アシル化に関与する遺伝子の取得と限定 / p17 (0024.jp2)
  16. 1.遺伝子のクローニング / p17 (0024.jp2)
  17. 2.遺伝子座位の限定 / p18 (0025.jp2)
  18. 第3節 遺伝子の構造解析 / p21 (0028.jp2)
  19. 第4節 放線菌におけるacvB1-acyB2相同遺伝子 / p27 (0034.jp2)
  20. 第5節 考察 / p30 (0037.jp2)
  21. 第2章 マクロライド抗生物質3-Ο-acyltransferase遺伝子の取得 / p32 (0039.jp2)
  22. 序論 / p32 (0039.jp2)
  23. 第1節 実験材料と方法 / p33 (0040.jp2)
  24. 1.Chromosome walkingによる遺伝子のクローニング / p33 (0040.jp2)
  25. 2.試薬 / p33 (0040.jp2)
  26. 3.acyA遺伝子領域の塩基配列の決定 / p34 (0041.jp2)
  27. 4.acyAのサブクローニング / p34 (0041.jp2)
  28. 5.0RF-Aのサブクローニング / p34 (0041.jp2)
  29. 6.0RF-Aの発現 / p35 (0042.jp2)
  30. 第2節 遺伝子のクローニング / p36 (0043.jp2)
  31. 第3節 マクロライド3-Ο-acyltransferase遺伝子(acyA)およびその周辺の遺伝子の構造解析 / p38 (0045.jp2)
  32. 第4節 acvAおよびORF-AのS.lividansにおける発現 / p48 (0055.jp2)
  33. 第5節 考察 / p51 (0058.jp2)
  34. 1.Carbomycin生合成遺伝子の構造 / p51 (0058.jp2)
  35. 2.構造から類推される転写特性 / p52 (0059.jp2)
  36. 3.0RF-Aについて / p52 (0059.jp2)
  37. 4.マクロライド抗生物質acyltransferase間の相同性 / p54 (0061.jp2)
  38. 第3章 マクロライド抗生物質のアシル化を活性化する遺伝子acyB2の機能解析 / p55 (0062.jp2)
  39. 序論 / p55 (0062.jp2)
  40. 第1節 実験材料と方法 / p56 (0063.jp2)
  41. 1.プラスミドの構築 / p56 (0063.jp2)
  42. 2.発現アッセイ / p56 (0063.jp2)
  43. 3.ノーザンブロット解析 / p56 (0063.jp2)
  44. 4.サザンブロット解析 / p57 (0064.jp2)
  45. 5.微生物変換試験 / p58 (0065.jp2)
  46. 第2節 変異プラスミドを用いた発現解析 / p59 (0066.jp2)
  47. 1.酵素活性レベルでの解析 / p59 (0066.jp2)
  48. 2.acyB1mRNAのノーザンブロット解析 / p59 (0066.jp2)
  49. 第3節 S.thermotoleransのacyB2変異株および過剰発現株の作出とマクロライドアシル化活性 / p62 (0069.jp2)
  50. 1.acyB2変異株の作出 / p62 (0069.jp2)
  51. 2.acyB2変異株および過剰発現株のマクロライドアシル化活性 / p65 (0072.jp2)
  52. 第4節 acyB1およびacyAの上流領域における共通配列 / p67 (0074.jp2)
  53. 第5節 放線菌におけるacyB2遺伝子とアシル化マクロライド抗生物質生産能の関係 / p68 (0075.jp2)
  54. 第6節 考察 / p71 (0078.jp2)
  55. 第4章 Tylosin生産菌へのアシル化酵素遺伝子の導入と3-Ο-acetyl-4″-Ο-isovaleryltylosin(AIV)の直接発酵生産 / p73 (0080.jp2)
  56. 序論 / p73 (0080.jp2)
  57. 第1節 実験材料と方法 / p74 (0081.jp2)
  58. 1.プラスミドの構築 / p74 (0081.jp2)
  59. 2.S.fradiaeホスト・ベクター系の確立 / p74 (0081.jp2)
  60. 3.発酵生産試験 / p74 (0081.jp2)
  61. 第2節 S.fradiae形質転換株の取得 / p76 (0083.jp2)
  62. 第3節 3-Ο-acetyltylosin(3-AT)の直接発酵生産 / p77 (0084.jp2)
  63. 第4節 4″-Ο-acyltylosin類の直接発酵生産 / p80 (0087.jp2)
  64. 第5節 AIVの直接発酵生産 / p82 (0089.jp2)
  65. 第6節 考察 / p86 (0093.jp2)
  66. 1.遺伝子の導入と発現 / p86 (0093.jp2)
  67. 2.組換え体によるアシル化tylosinの生産について / p86 (0093.jp2)
  68. 3.アシル化酵素とacylCoAの利用性 / p87 (0094.jp2)
  69. 4.AIVの選択的生産 / p88 (0095.jp2)
  70. 総括および結論 / p89 (0096.jp2)
  71. ABSTRACT(英文) / p93 (0100.jp2)
  72. 謝辞 / p97 (0104.jp2)
  73. 参考文献 / p98 (0105.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151751
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068694
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316065
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ