誘電体多層膜帯域フィルタの設計法

この論文をさがす

著者

    • 若林, 勇 ワカバヤシ, イサム

書誌事項

タイトル

誘電体多層膜帯域フィルタの設計法

著者名

若林, 勇

著者別名

ワカバヤシ, イサム

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第520号

学位授与年月日

1997-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / 1-1 / (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の対象および目的 / 1-1 / (0006.jp2)
  4. 1.2 光通信における誘電体多層膜帯域フィルタの重要性 / 1-1 / (0006.jp2)
  5. 1.3 誘電体多層膜フィルタの構成,動作原理,設計における制約および応用例 / 1-2 / (0007.jp2)
  6. 1.4 誘電体多層膜帯域フィルタの従来の設計法,本論文のねらいおよび前提 / 1-6 / (0009.jp2)
  7. 1.5 本論文の各部の概要 / 1-8 / (0010.jp2)
  8. 文献(第1章) / 1-11 / (0011.jp2)
  9. 第2章 基礎理論 / 2-1 / (0014.jp2)
  10. 2.1 はじめに / 2-1 / (0014.jp2)
  11. 2.2 誘電体多層膜の伝送特性とその等価伝送線路表示 / 2-2 / (0015.jp2)
  12. 2.3 代表的なフィルタ特性 / 2-8 / (0018.jp2)
  13. 2.4 LCフィルタの設計理論 / 2-24 / (0026.jp2)
  14. 2.5 むすび / 2-42 / (0035.jp2)
  15. 文献(第2章) / 2-43 / (0035.jp2)
  16. 第3章 誘電体多層膜帯域フィルタの一般的設計原理 / 3-1 / (0036.jp2)
  17. 3.1 はじめに / 3-1 / (0036.jp2)
  18. 3.2 設計の基本的手順と考慮すべき事項 / 3-2 / (0037.jp2)
  19. 3.3 誘電体多層膜共振器の構造とその等価回路定数 / 3-4 / (0038.jp2)
  20. 3.4 本設計法の適用において考慮すべき事項 / 3-23 / (0047.jp2)
  21. 3.5 むすび / 3-33 / (0052.jp2)
  22. 文献(第3章) / 3-34 / (0053.jp2)
  23. 付録A 式の証明 / 3-37 / (0054.jp2)
  24. 第4章 基本膜厚のみを用いる誘電体多層膜帯域フィルタの設計 / 4-1 / (0075.jp2)
  25. 4.1 はじめに / 4-1 / (0075.jp2)
  26. 4.2 誘電体多層膜共振器の構造,設計に用いる数式,相互接続条件,パラメータ選択基準 / 4-2 / (0076.jp2)
  27. 4.3 設計例 / 4-6 / (0078.jp2)
  28. 4.4 設計誤差の検討 / 4-49 / (0099.jp2)
  29. 4.5 最大減衰量と膜数の相関 / 4-62 / (0106.jp2)
  30. 4.6 むすび / 4-68 / (0109.jp2)
  31. 文献(第4章) / 4-70 / (0110.jp2)
  32. 第5章 任意膜厚を用いる誘電体多層膜帯域フィルタの設計 / 5-1 / (0112.jp2)
  33. 5.1 はじめに / 5-1 / (0112.jp2)
  34. 5.2 設計法 / 5-2 / (0113.jp2)
  35. 5.3 設計例 / 5-9 / (0116.jp2)
  36. 5.4 本設計法の適用範囲,設計誤差の分布および膜数 / 5-56 / (0140.jp2)
  37. 5.5 むすび / 5-68 / (0146.jp2)
  38. 文献(第5章) / 5-70 / (0147.jp2)
  39. 第6章 結論 / 6-1 / (0149.jp2)
  40. 謝辞 / (0152.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151759
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068702
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316073
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ