小学校長職の法的地位に関する研究 : 明治後期に焦点をあてて

この論文をさがす

著者

    • 元兼, 正浩 モトカネ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

小学校長職の法的地位に関する研究 : 明治後期に焦点をあてて

著者名

元兼, 正浩

著者別名

モトカネ, マサヒロ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

甲第4154号

学位授与年月日

1997-07-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次構成 / (0003.jp2)
  2. 序 本研究の課題と方法 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.問題の所在-校長職の法的地位の今日的状況と本研究の課題 / p1 (0004.jp2)
  4. 2.本研究の位置づけと方法-先行研究の到達点と本研究の方法 / p2 (0005.jp2)
  5. 3.論文の構成-各章・各節の概要 / p6 (0009.jp2)
  6. 補.「教頭」職の歴史とそれをめぐる論点 / p10 (0013.jp2)
  7. 第I部 明治期における小学校長職の法的地位の変遷 / (0019.jp2)
  8. 第1章 小学校長職の成立過程 / p15 (0019.jp2)
  9. 第1節 校長職の成立前史(学制期) / p15 (0019.jp2)
  10. 第2節 校長職の法制上の成立-中央レベル(教育令・改正教育令前期) / p24 (0028.jp2)
  11. 第3節 校長職の法制上の成立-地方レベル(教育令・改正教育令前期) / p30 (0034.jp2)
  12. 第2章 小学校長職の法的基盤の整備 / p42 (0046.jp2)
  13. 第1節 校長職の設置とその普及(改正教育令後期、再改正教育令期) / p42 (0046.jp2)
  14. 第2節 校内職制の確立と校長職(第1次小学校令期) / p56 (0060.jp2)
  15. 第3節 校長の職務内容の明確化(第2次小学校令前期) / p67 (0071.jp2)
  16. 第3章 小学校長職の法的地位の確立 / p82 (0086.jp2)
  17. 第1節 校長人事行政の集権化(第2次小学校令後期) / p82 (0086.jp2)
  18. 第2節 校長の職務内容の法制化(第3次小学校令期-明治30年代) / p93 (0097.jp2)
  19. 第3節 校長職の法的地位の上昇(第3次小学校令期-明治40年代以降) / p106 (0110.jp2)
  20. 第I部/関係資料 / p1 (0120.jp2)
  21. 第II部 明治後期における小学校長職の法的地位の実態 / (0180.jp2)
  22. 第4章 明治後期における小学校長職の身分・待遇の実態 / p115 (0181.jp2)
  23. 第1節 小学校長職の身分・待遇-履歴分析によって / p115 (0181.jp2)
  24. 第2節 小学校長職の待遇(俸給)の実態 / p123 (0212.jp2)
  25. 第3節 中学校長職の法的地位との格差 / p140 (0229.jp2)
  26. 第5章 明治後期における小学校長職の資格・任免の実態 / p153 (0247.jp2)
  27. 第1節 小学校長職の資格・任免-履歴分析によって / p153 (0247.jp2)
  28. 第2節 第1次小学校令期における校長人事行政の実態 / p156 (0257.jp2)
  29. 第3節 第2次、第3次小学校令期の校長人事行政の実態 / p164 (0286.jp2)
  30. 第6章 明治後期における小学校長職の職務・服務の実態 / p171 (0300.jp2)
  31. 第1節 学校管理・学校経営論と校長職の役割 / p171 (0300.jp2)
  32. 第2節 明治後期における小学校長の職務遂行状況 / p183 (0312.jp2)
  33. 第3節 明治末期の「模範的」小学校長像の考察 / p205 (0335.jp2)
  34. 結 本研究の成果 / p214 (0345.jp2)
  35. 主要参考文献 / (0348.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151777
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068719
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316091
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ