高分子ゲル-水溶液系の膨潤平衡に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 石田尾, 徹 イシダオ, トオル

書誌事項

タイトル

高分子ゲル-水溶液系の膨潤平衡に関する研究

著者名

石田尾, 徹

著者別名

イシダオ, トオル

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6495号

学位授与年月日

1997-07-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2章 既往の研究 / p4 (0010.jp2)
  7. 2.1 高分子ゲルの膨潤平衡に関する研究 / p4 (0010.jp2)
  8. 2.2 高分子ゲルの膨潤平衡の相関法に関する研究 / p9 (0015.jp2)
  9. 2.3 ゲル網目孔径に関する研究 / p11 (0017.jp2)
  10. 2.4 既往の研究の問題点と本研究のアプローチ / p17 (0023.jp2)
  11. 第3章 高分子ゲルの膨潤平衡の測定 / p19 (0025.jp2)
  12. 3.1 試料 / p19 (0025.jp2)
  13. 3.2 ゲルの膨潤平衡の測定 / p24 (0030.jp2)
  14. 3.3 測定結果 / p35 (0041.jp2)
  15. 3.4 本章のまとめ / p65 (0071.jp2)
  16. 第4章 高分子ゲルの膨潤平衡の相関 / p67 (0073.jp2)
  17. 4.1 ゲルの相平衡 / p67 (0073.jp2)
  18. 4.2 相関式 / p72 (0078.jp2)
  19. 4.3 膨潤平衡の相関 / p80 (0086.jp2)
  20. 4.4 本章のまとめ / p99 (0105.jp2)
  21. 第5章 ゲル網目孔径の推定 / p106 (0112.jp2)
  22. 5.1 試料 / p106 (0112.jp2)
  23. 5.2 ゲルの膨潤平衡の測定 / p106 (0112.jp2)
  24. 5.3 ゲル網目孔径の推定 / p108 (0114.jp2)
  25. 5.4 本章のまとめ / p120 (0126.jp2)
  26. 第6章 結言 / p121 (0127.jp2)
  27. Nomenclature / p123 (0129.jp2)
  28. References / p126 (0132.jp2)
  29. Appendices / p128 (0134.jp2)
  30. Appendix1 ゲルの膨潤平衡計算プログラム(1)(マルカット法を用いた、相互作用パラメータの決定) / p129 (0135.jp2)
  31. Appendix2 ゲルの膨潤平衡計算プログラム(2)(Equatran(Newton-Raphson法)を用いた、ゲルの膨潤平衡計算) / p136 (0142.jp2)
  32. Appendix3 Peppasらの式を用いたNIPAゲルの網目孔径の算出 / p138 (0144.jp2)
  33. 謝辞 / p140 (0146.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151810
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068747
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316124
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ