分散プログラムの手順的デバッグ法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 太田, 剛 オオタ, ツヨシ

書誌事項

タイトル

分散プログラムの手順的デバッグ法に関する研究

著者名

太田, 剛

著者別名

オオタ, ツヨシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (情報科学)

学位授与番号

乙第6535号

学位授与年月日

1997-09-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. もくじ / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 従来の研究の概観 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 研究の特徴 / p10 (0012.jp2)
  6. 1.4 論文の構成 / p11 (0012.jp2)
  7. 2 手順的デバッグ法の抽象化 / p15 (0014.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p15 (0014.jp2)
  9. 2.2 Shapiroの手順的デバッグ法 / p16 (0015.jp2)
  10. 2.3 GADTの手順的デバッグ法 / p18 (0016.jp2)
  11. 2.4 下村の手順的デバッグ法 / p21 (0017.jp2)
  12. 2.5 手順的デバッグ法の抽象化 / p24 (0019.jp2)
  13. 2.6 あとがき / p28 (0021.jp2)
  14. 3 分散プログラムの手順的デバッグ法 / p29 (0021.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p29 (0021.jp2)
  16. 3.2 準備 / p29 (0021.jp2)
  17. 3.3 第一段階:誤りを含む部分プログラムの特定 / p33 (0023.jp2)
  18. 3.4 第二段階:誤りを含む文の特定 / p40 (0027.jp2)
  19. 3.5 あとがき / p46 (0030.jp2)
  20. 4 誤り特定のための発見的手法 / p47 (0030.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p47 (0030.jp2)
  22. 4.2 第一段階における発見的手法 / p47 (0030.jp2)
  23. 4.3 第二段階における発見的手法 / p50 (0032.jp2)
  24. 4.4 あとがき / p54 (0034.jp2)
  25. 5 例題 / p57 (0035.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p57 (0035.jp2)
  27. 5.2 2人の哲学者の食事開題 / p57 (0035.jp2)
  28. 5.3 誤りを含む移動窓プロトコル / p66 (0040.jp2)
  29. 5.4 あとがき / p80 (0047.jp2)
  30. 6 プログラム変更を前提としたプログラムスライス計算法 / p81 (0047.jp2)
  31. 6.1 まえがき / p81 (0047.jp2)
  32. 6.2 対象言語と変数依存グラフ / p82 (0048.jp2)
  33. 6.3 変数依存グラフを用いたスライス計算アルゴリズム / p86 (0050.jp2)
  34. 6.4 既存アルゴリズムとの時間計算量の比較 / p92 (0053.jp2)
  35. 6.5 あとがき / p93 (0053.jp2)
  36. 7 結論 / p95 (0054.jp2)
  37. 謝辞 / p99 (0056.jp2)
  38. 参考文献 / p101 (0057.jp2)
  39. A 既存のスライス計算アルゴリズムの時間計算量 / p111 (0062.jp2)
  40. A.1 Weiserのアルゴリズム / p111 (0062.jp2)
  41. A.2 PDGを用いるアルゴリズム / p112 (0063.jp2)
  42. A.3 μ関係行列を用いるアルゴリズム / p113 (0063.jp2)
  43. B 英和対照表 / p115 (0064.jp2)
  44. さくいん / p117 (0065.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151850
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068786
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316164
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ